二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(1)
第1回 復興節/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
文・藤田正
 ただ今ご紹介いただきました藤田です。
 これから人権にかかわる音楽のお話をさせていただくわけですが、その前に、私がどのようにして今回テーマとする「竹田の子守唄」などの音楽とめぐり合ったかを、お話したいと思います。
 私は、一般に洋楽と言われる欧米のポピュラー音楽を専門としてきました。
 外国の、アメリカの黒人音楽やカリブ海の音楽が中心です。ブルースやジャズ、ラテンといった音楽ですね。もっと前は、ロックしか聞きませんでした。日本の歌が嫌いだったのではなくて、意識して聞き始めたのが欧米の音楽が最初だったわけです。
 音楽を、ちょっとでも意識して聞き始めると、それまで見えなかった色々な発見があるものです。たとえば、ロック・ミュージックがどれほどアメリカの黒人音楽にお世話になってきたのかとか、素晴らしい音楽が必ずしもヒット・チャートの上位には来ないものだとか、姿カタチはまるで違っても、社会背景や成立状況が実によく似ている音楽が世界各地にたくさんあるという発見もその一例です。
 そういうふうにして巡りめぐって出会った初めての日本の音楽〜音曲(おんぎょく)が、河内音頭(かわちおんど)でした。
 河内音頭がえらく好きになって、その背景にある浪花節も好きになりました。三味線音楽ってなんて素晴らしいんだろうとも、思い始めました。
(リスペクト SF032)
 言ってみれば、ロックやブルースに導かれ、洋楽に教えられて日本の音楽や芸能の素晴らしさに気づいたという、かなり変則的な道筋を私は辿ってきたわけです。
竹田の子守唄」も、こういった経緯で知ることができた日本の名曲です。
竹田の子守唄」は、1960年代の終わりに「赤い鳥」というフォーク・グループがヒットさせた美しい歌ですが、奇妙なことに、歌の出身が被差別部落であるがゆえに、また歌にそのような内容が織り込められているがゆえに、放送などのメディアでは疎外されてきたという歴史を持っています。
 70年代初頭、「竹田の子守唄」はギターを抱えた青年たちがよく取り上げた歌でした。と同時に「イムジン河」や「チューリップのアップリケ」などと同じように、公然とうたってはいけない歌だという風評も、ごく普通の学生だった私の耳にも聞こえてきた歌でした。
 全国的にヒットした歌が表舞台では消え、しかし広く根強く一般の人たちは覚えている。「竹田の子守唄」は、一種独特のシコリを抱えながら現在にまで至っています。
 今回はまず、「竹田の子守唄」が置かれた境遇とよく似ている曲を紹介したいと思います。「復興節」です。
(写真は、この歌が収録されているソウル・フラワー・モノノケ・サミットの『アジール・チンドン』)。
 「復興節」は、もともとが関東大震災の時に作られた歌です。作詞は、演歌師として有名な添田唖蝉坊(そえだ・あぜんぼう)の息子さん、添田さつき。メロディは中国の「沙窓」という曲をもじったものだそうです。家なんか焼けちまっても、オレたち江戸っ子の気持ちは塞(ふさ)いじゃいないゼという、勇ましく、感動的な歌です。
 これを、ソウル・フワラー・ユニオンSoul Flower Unionの分身である、ソウル・フラワー・モノノケ・サミットというチンドン・バンドが、阪神淡路の大震災の直後に蘇(よみがえ)らせました。
 添田さつきのオリジナルから、リーダーの中川敬(たかし)が作った阪神淡路復興へのメッセージへとうたい繋(つな)がれるのが、新しい「復興節」のいい所です。
 この歌が入ったCDは今、リスペクトという独立系のレコード会社から出ています。しかしほんらいこの歌は、大手のレコード会社から出る予定でした。
 はっきりとレコード会社から言われたわけではないんですが、「止めてくれ」らしきお声がかかって、結局出すことができなかった。
 なぜかというと、「東京の永田にゃ金がある、神戸の長田にゃ唄がある」という部分が問題らしい。「ナガタ ちんどん エーゾエーゾ」と、このあたりがダメらしいんです。
 リーダーの中川君が独自に調べたところでは、震災でも一番に深刻な被害を受けた地域の一つである長田は、被差別部落があったり、たくさんの在日の人たちが住んでいる。そういう地域がうたい込まれている歌は、平たく言えば、どんな抗議を受けるかわからないから発売したくない、というのが会社側のホンネだそうです。
 歌のラストには「阪神復興 エーゾエーゾ 淡路復興 エーゾエーゾ 日本解散 エーゾエーゾ」とあります。
 私には、まったくそのとおりの立派な歌だと思えるのですが、マズい部分に触れているらしい。
 ただ、どこがどのように悪いのかは、はっきりとは指摘さることはない。中川君はそう言っています。
 そして結果として、歌を評価してくれた小さなレコード会社からCDが出たということです。この歌が入ったアルバムはヒット作となり、評価も高く、当たり前のことですが、抗議など一切来ていません。
 「復興節」のゴタゴタは、「竹田の子守唄」の背景とも密接につながっています。
 「竹田の子守唄は、かつて日本三大民謡の一つとまで言われた歌です。それがしだいに放送では流れなくなった。止めておいたほうがいいよという状態になっていきました。
 歌の出身地が被差別部落であったからです。
 「言論・表現の規制」というのは、初めから目に見えるかたちで、暴力的に止めろ!などとはならないようです。
 この歌は市場に出さないほうがいいみたいだとか、歌わない方がいいみたいだとか、本心を明らかにせずに遠まわしにゆっくりと締め上げていく。歌は徐々に隅の方に置かれていく。その典型が、「復興節」なり、「竹田の子守唄」だったんじゃないかなと私は思います。
(連載第2回へつづく)。

*2001年1月19日、京都会館で行なわれた「第23回部落解放連続講座」(主催・部落解放京都地方共闘会議)での公演を再構成したもの。

( 2001/03/01 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(4)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(3)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(2)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(1)
竹田の子守唄
講演「竹田の子守唄 名曲に隠された真実」---藤田正@高野山
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(4)
松本哲也というシンガーの、凄絶な半生
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(3)
11月14日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
古謝美佐子、「竹田の子守唄」と出会う
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(1) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(6) by 藤田正
「竹田の子守唄」無料講演会:藤田正in富山
今年も大好評!、が:上々颱風を迎えての第12回「ふしみ人権の集い」
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(2)
12月4日、12月5日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
待望のCD全集:『赤い鳥 コンプリート・コレクション 1969-1974』発売
第11回「ふしみ人権の集い」開催!
Beats21 Memorabilia2001:from Best10 to Best1
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
10月15日、10月16日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
[非戦音楽人会議] NEWS23、元ちとせの「死んだ女の子」を聴きながら
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
11月3日、11月4日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
決定しましたよ:上々颱風が「ふしみ人権の集い」に登場
「はっぴいえんど」ほかの名作が消える?--東芝がURCの発売を停止
ソウル・フラワー・モノノケ・サミットLive@鶯谷 in 2006
ザ・フォーク・クルセダーズ『イムジン河』
「いま、音楽人に何ができるのか」
11月24日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
魂は踊る---名作『デラシネ・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット』に寄せて(プロデューサーズ・ノート)
藤田正ライブ:2003年12月の講演スケジュール
「日本の歌百選」のいかがわしさ?「あの歌」がないのはなぜ?
『メッセージ・ソング 「イマジン」から「君が代」まで』
写真特集:夏祭りのソウル・フラワー・モノノケ・サミット@神戸・長田
大人が楽しめる音楽を…Aprilを結成した山本潤子
毎日放送が「竹田の子守唄」のドキュメンタリーを放送
ようやく「竹田の子守唄」が、今
著者からのメッセージ
CD『竹田の子守唄 ふるさとからのうたごえ』とは…
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(4) by 藤田正
部落のおかあさんたちの「修学旅行」:Photo Live「竹田の子守唄」
毎日新聞に「竹田の子守唄」の最新連載が登場!
表紙へ戻る