祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
 10月25日に行なわれた「ディアマンテス結成20周年記念」ライブは、大盛況のうちに終えることができた。ディアマンテスの久しぶりの東京公演でもあり、また初お目見えの東京セレナーデがいかなるバンドであるかという期待もあって、京都ほか遠方からお越しになった方が何人もいらっしゃった。
 舞台構成は、前半にディアマンテス、後半がウィリー・ナガサキ東京セレナーデ、とした。予想どおり最前列は女性ファンが大半。ディアマンテスの代表曲ではホール全体が合唱となり、リード・ボーカルのアルベルト城間やターボ、トムたちは、とても嬉しそうだった。さすが20年。熟達した演奏と歌だった。
 東京セレナーデは、ウィリー(ティンバーレス)を中心としたラテン・ジャズのコンボで、ボーカリストがアルベルト城間エリック福崎。エレクトリック・ピアノに、あびる竜太。コンガに佐藤英樹。ベースが小泉哲夫、という編成である。19歳の若いエリック以外、実力派として知られるミュージシャンばかりだ。
 ウィリーとアルベルトは、ラテン・コンボで、きっちりとした大人の歌(日本歌謡もラテン・スタンダードも)を届けたいと、リハーサルでもよく話をしていた。それが当夜、実を結んだのである。ティト・プエンテ直伝のウィリーのダイナミックなプレイに会場からは驚きの声が何度も上がる。あびる竜太のピアノも見事。そしてアルベルト。彼の、抜群の歌唱力&スパニッシュ・ギターは、まさに、まさに圧倒的だった。彼をデビュー前から知っているけど、凄い歌手になってきたね〜、ベトは。
 そのベトから、ラテン界のプリンスになる青年、と紹介されたエリックには、1曲だけ「アルゴ・コンティーゴ」を歌ってもらった。やはり甘くて、いいノドをしてる。まだまだ学ぶ点はいくつもあるけれども、逸材と言っていいだろう。
 ご来場くださったみなさん、ありがとうございました。
(当夜の画像は、今後もアップしていく予定です)
(文・10.25プロデューサー、藤田正)
 
 
 
 
 
 
ライブが終わって。左からアルベルト、大城クラウディア、エリック、宮沢和史。後方左、佐藤卓(カウベルで出演)。その右隣、カミナンテ岡本(Beats21.com)

( 2010/10/29 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
ディアマンテス
「琉球フェスティバル '06」
おかげさまで大成功:第2回 コザ・てるりん祭
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
「第2回 コザ・てるりん祭」の概要決まる
決定!「ディアマンテス 結成20周年記念・特別限定ライブ」:チケット販売
こんな音楽を聴いて欲しい! 連載5
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
沖縄特集I ウチナー音楽2000〜2001
ディアマンテスのレア・グルーヴィン…アルベルト城間
沖縄特集II アルベルト城間(DIAMANTES)インタビュー
Introducing...エリック福崎を紹介する
4月1日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
20年目を迎えた沖縄の「ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル」
「琉球フェスティバル '05」
新良幸人の参加、決まる「第2回 コザ・てるりん祭」
4月2日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
島唄最大のヒット・メイカーが「琉球フェスティバル '05」に登場!
「Save The Coral 2008」記者会見用プレス・シート
10月12日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
夜が明けて太陽の上がるまで…「琉球フェスティバル2001」開催
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
「ラテハ」に新作をリリースしたばかりのアルベルトが出演
CDプレゼント ウチナー・ポップ・アルバム『BAY BREEZE』
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
シマンチュ・ロックの祭典「島ROCK CAFE from沖縄」
表紙へ戻る