「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(2) by 藤田正
Beats21
 2月16日、高田恭子さんと会いました(写真)。高田さんは「竹田の子守唄」を初めてレコードに吹き込んだシンガーです。
 彼女は1969年に「みんな夢の中」でレコード大賞新人賞を獲得しますが、その2年ほど前、「大塚孝彦とそのグループ」のリード・ボーカリストとしてこの歌をレコーディングしたのです。
 私が彼女と会うのは初めてのことです。なぜなら『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』の取材中は、電話だけのやりとりだったからです。ずいぶん失礼な取材者にもかかわらず、高田さんはかつての自主制作盤を送ってくださり、今回のコンサートにも招待してくださいました(「昭和歌謡〜思い出いっぱいコンサート」@板橋区立文化会館)。
 開口一番、高田さんは私に向って言いました。「まだ途中ですが、藤田さんの本を読んでいて、私には『竹田の子守唄』をうたうのは大変なことだなと思いました」
 私は「高田さん、ぜひうたってくださいよ」と返したものの、高田さんは、ちょこっと首を横に振りました。
King NA42
「(私の出身地である)京都は被差別部落の問題が、東京などよりはずっとはっきりしているでしょ。だからこの問題を若い頃から知っているだけに、本にある、部落のおばあさんが赤い鳥の人たちに向って、『竹田の子守唄』をうたわないでほしいと訴えたことの意味がわかるんです」
 高田さんは、おばあさんの「痛み」や「苦しみ」を感じるという。それだからこそ、歌手として気軽にはうたえない、と彼女は言った。京都のフォーク・サークルだけでなく、東京でも当時人気だったマイク真木&マイクスへ誘われ、「第1回カンツォーネ・コンクール」で優勝するなど実力派らしい活躍をしてきた彼女だけに、その姿勢は慎重かつ真摯だった。
 60年代の半ば、京都のフォーク・ブームが真っ盛りの時、「竹田の子守唄」は音楽サークルの中で広まっていった。うたごえ運動やフォーク・コンサートの現場で、この歌は少しづつ知られるようになり、当時、京都のフォーク〜カントリーの世界で中心的な活動をしていた一人、大塚孝彦さんの耳にとまった。大塚さんは、歌のやたらと上手い高田さんをグループに引き入れ、この歌を自分たちの活動の核となした。
「後藤悦治郎(元・赤い鳥)さんが、私たちの歌声を聞いてくれて、すごく良かったって。そして彼らもうたい出した。そういう関係から、始まったんですよ」
 *写真は、自主制作盤『The First & Last/大塚孝彦とそのグループ』の中写真から。左から3人目が高田さん。
『竹田の子守唄 名曲に隠された真実』
藤田正著 2200円+税
3曲入りCD付き(1「竹田の子守唄」、2「竹田の子守唄(元唄)」、3「竹田こいこい節」/1=赤い鳥、2&3=部落解放同盟京都府連合会改進支部女性部)
解放出版社:06-6561-5273(大阪)、03-3291-7586(東京)
関連サイト:

( 2003/02/17 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(最終回) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(6) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(5) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(4) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(3) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(2) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(1) by 藤田正
竹田の子守唄
講演「竹田の子守唄 名曲に隠された真実」---藤田正@高野山
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(4)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(2)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(3)
11月14日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(6) by 藤田正
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(1) by 藤田正
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
松本哲也というシンガーの、凄絶な半生
「竹田の子守唄」無料講演会:藤田正in富山
古謝美佐子、「竹田の子守唄」と出会う
今年も大好評!、が:上々颱風を迎えての第12回「ふしみ人権の集い」
Beats21 Memorabilia2001:from Best10 to Best1
12月4日、12月5日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「竹田の子守唄」、故郷へ帰る/京都で画期的なイベント開催
10月15日、10月16日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
[非戦音楽人会議] NEWS23、元ちとせの「死んだ女の子」を聴きながら
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
藤田正ライブ:2003年12月の講演スケジュール
表紙へ戻る