大成功に終わったモノノケ@「ふしみ人権の集い」
Beats21
 8回目を迎えた「ふしみ人権の集い」に、ソウル・フラワー・モノノケ・サミットが登場した(2003年2月8日)。「竹田の子守唄」の故郷で行なわれるコンサートに、ユニークなチンドン・バンドであるモノノケが出演し、しかも地元の女性たちの元唄も聴けるとあって会場は満杯、はるか遠方から駆けつけた人たちもふくめ、熱気にあふれるイベントとなった(写真はモノノケの中川敬)。
 モノノケ・サミットは、中川敬(三線)を中心として、伊丹英子のチャング、アコーディオン、ベース、ソプラノ・サックス、チンドン太鼓(二人)という7人の編成でステージに立った。彼らは阪神淡路大震災をきっかけにして結成されたボランティアのためのバンドだけに、お決まりのライブには出演しない。それだけに今回のステージは、噂のバンドを一度は観たいといった人たちも含めて、大きな関心を呼んだようだ。
 しかも彼らは、以前から「竹田の子守唄」を堂々と演奏してきたバンドである。それだけに、舞台からどのような歌を聴かせるのかも話題となっていた。
 1曲目は、サーカスの定番とも言える「美しき天然」。ゆっくりとしたテンポでステージは始まった。続いて「ハイカラソング」。在日やアイヌもふくめた日本の大衆に根ざす古い歌謡を好んで取り上げる彼ららしい選曲である。
Beats21
 男性的な中川のボーカルを中心にして、舞台が熱を帯びてきたのが「解放歌」「農民歌」「革命歌」の3曲で構成されたメドレーだった。チンドン太鼓をバックにした胸を張った演奏ながら、後方ではアコーディオンとサックスがむせび泣き、切なさと哀愁がたっぷり染み込んだいい演奏だった。モノノケはその後、「カチューシャの唄」「聞け万国の労働者」「アリラン」「ピリカ」「安里屋ユンタ」「インターナショナル」と、歴史的な名曲を次々と披露していった。
 前半部の終わりには、「竹田こいこい節」が登場した。後半部では「竹田の子守唄(元唄)」に「竹田の子守唄」(ヒット・バージョン)と、彼らは3バーションもうたい演奏し、そのどれもが素晴らしくドラマチックな内容だった。
 そしてコンサートの中盤には、元唄、「こいこい節」をうたい継ぐ部落解放同盟改進支部女性部のみなさん(写真)が舞台に上がり、モノノケのアコーディオンなども加えて、セッションが行なわれた。この時の拍手も熱いものがあった。
 ゲストに、アイルランドのブズーキの名手、ドーナル・ラニーが加わるという豪華なステージで、これが無料というのだから、驚きである。
 声高に人権、人権と叫ぶことなく、歌や舞台を通じてその意義を伝えようとする「ふしみ人権のつどい」。来年の9回目も期待される。

 

( 2003/02/14 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
仲村奈月(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
話題の新作を発表したソウル・フラワー・ユニオン
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
あまりに高度な音楽性に圧倒される:初来日のモザイク
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(1)
震災10年〜神戸長田神社で魂鎮めのお祭り!
5000人の日比谷野音でモノノケ・サミットが熱演
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
大成功に終わったモノノケ@「ふしみ人権の集い」
ようやく「竹田の子守唄」が、今
決定しましたよ:上々颱風が「ふしみ人権の集い」に登場
東京プレイベント「わったーしまは わったーがまもる」
「北朝鮮でも、あまたの唄が自由をめざしている」
アイルランド音楽のスーパー・グループ、MOZAIKが来日
「いま、音楽人に何ができるのか」
辺野古での反基地フェスティバル:週刊金曜日でレポートします
震災10年---長田神社で「つづら折りの宴」
2月8日、「竹田の子守唄」の故郷にソウル・フラワー・MSが登場
魂は踊る---名作『デラシネ・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット』に寄せて(プロデューサーズ・ノート)
表紙へ戻る