Introducing...エリック福崎を紹介する
 ラテンから日本の演歌まで、幅広いカテゴリーをカバーできるシンガーがエリック福崎福崎エリック)だ。
 まだ19歳。彼はペルーの日系4世(お母さんは中国系)で、昨年、日本へ来たばかりだ。だが母語であるスペイン語のほかに、英語や日本語も難なくこなし、最近は韓国語も学んでいる。日本においては無名のエリックだが、故郷ペルーではコンテストを勝ち抜いてきたその実力&甘いマスクで、東京でもプロの注目を浴び出した。
 10月25日のディアマンテス・ライブに「東京セレナーデ」のシンガーとしても登場し、その同じ舞台に立つアルベルト城間も高い将来性をかっている。
 
Beats21.com
 
福崎エリック(ふくさき・えりっく):
 1991年4月27日、ペルーの首都、リマに生まれる。
 3人兄弟の真ん中。
 父親が大の演歌ファンで、その影響を受けて小さな頃から様々な舞台に立ち、テレビCMなどにも出演していた。
 2003年の「Interclubes」(ジュニア部門)で、森昌子の「せんせい」を歌いファースト・プライズ。
 2006年、同じ「Interclubes」の総合(libre)部門で、氷川きよしの「大井追っかけ音次郎」を歌いファースト・プライズに。
 翌07年の「Voces Nuevas」でもファースト・プライズに選ばれる(歌は「大井追っかけ音次郎」)。ブラジルで行なわれた「Consagrados」でもファースト・プライズを受賞。
 氷川きよしや前川清、美空ひばりなどを歌い、プロの演歌歌手を目指して2009年に来日。
 ペルー出身の先輩であり、同じように演歌歌手を目指して来日したアルベルト城間(ディアマンテス)をアニキのように慕う。The Boomの宮沢和史や、大城クラウディア(アルゼンチン出身)などにも可愛がられ、同じステージにも立っている。
 ウィリー・ナガサキ東京セレナーデのシンガーとしては、2010月10月25日の「ディアマンテス結成20周年記念」での舞台が最初。
 ラテン・ポップやサルサ、コリアン・ポップなど、そのテリトリーは広い。
 演奏楽器、ギター、ピアノ、バイオリンほか。
(文・藤田正)
 
尊敬するアルベルト城間と(Beats21.com)

( 2010/10/24 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
ディアマンテス
「琉球フェスティバル '06」
おかげさまで大成功:第2回 コザ・てるりん祭
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
「第2回 コザ・てるりん祭」の概要決まる
決定!「ディアマンテス 結成20周年記念・特別限定ライブ」:チケット販売
こんな音楽を聴いて欲しい! 連載5
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
沖縄特集I ウチナー音楽2000〜2001
ディアマンテスのレア・グルーヴィン…アルベルト城間
沖縄特集II アルベルト城間(DIAMANTES)インタビュー
Introducing...エリック福崎を紹介する
4月1日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
20年目を迎えた沖縄の「ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル」
「琉球フェスティバル '05」
新良幸人の参加、決まる「第2回 コザ・てるりん祭」
表紙へ戻る