博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
 ウィリー・ナガサキが地元の博多に帰ってのスペシャル・ライブ、会場となったゲイツ7は満員の盛況だった。
 共演はウィリーとは長年の友人であるカルロス・S・タグチだが、サンタナ系のギターを弾かせたら日本一とのウワサにたがわぬ実に美しい音色と抜群のリズム感で、東京からやってきたメンバー(コンボ・インペリアル)を驚かせた。ウィリーの構成によるサンタナ組曲「ワンネス」を機軸として、相当にハード&ダイナミックな演奏が繰り広げられた(2011年5月22日)。
 
**
 
 
 リハーサル風景。左から、カルロス、伊波淑、ウィリー(Beats21.com)
 
 
 
 伊波&ウィリーによるコンガ・ジャム。日本人とは思えないタフ&ヘヴィ・リズム!(Beats21.com)
 
 
 
 カルロス with コンボ・インペリアル(Beats21.com)
 
 
 
 あびる竜太。バークリー音楽院を首席で卒業!(Beats21.com)
 
 
 
諸藤一平。同じく同校を首席で卒業の凄腕(Beats21.com)
 
 
 
 カルロス(左)と、ラテン&ジャズ・ベースの鬼才、小泉哲夫(Beats21.com)
 
 
 
After the show 1(Beats21.com)
 
 
 
After the show 2(Beats21.com)
 
 
 
After the show 3/馬刺(Beats21.com)
 
 

( 2011/05/25 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
ウィリー・ナガサキ
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
ウィリー・ナガサキ「サンタナ・ナイト」in 博多
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
決定!「ディアマンテス 結成20周年記念・特別限定ライブ」:チケット販売
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
ウィリー・ナガサキ CD『MIDNIGHT RUMBA』発売記念スペシャル・ライブ!
ウィリー・ナガサキ&コンボ・インペリアル:vol.4 は4月18日
Introducing...エリック福崎を紹介する
黄金時代のマンボ:ティト・プエンテの名盤(1)
ウィリー・ナガサキ、燃えてます!:<Live vol.3>は3月6日
スペシャル・ラテン・ナイト! ウィリー・ナガサキ&コンボ・インぺリアル
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
これぞラテンNY/ストリート系:初来日のジョー・バターン
9月29日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
NEW LATIN 宣言「マンボラマ No.1」、9月15日に開催
8月22日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
ついに完成です!:『米国ラテン音楽ディスク・ガイド50's-80's/LATIN DANCE MANIA』
最終情報です:ハイチ地震復興支援コンサート・ツアー
カルロス・S・タグチ
ウィリー・ナガサキ「サンタナ・ナイト」in 博多
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
表紙へ戻る