ついに録音が終了!「竹田の子守唄」のふるさとからの熱唱
takeda 001
 被差別部落に生まれた名曲「竹田の子守唄」。この歌を、地元で歌い継いでいる女性たちが、ついに録音をはたした。ムラの遺産を、自分たちの手で。そんな長年の夢が、1枚のCDとなって2月初旬にかなう。
 5曲入りCD『竹田の子守唄 ふるさとからのうたごえ』は、日本のゴスペル・ブームの火付け役、亀渕友香が歌唱指導を受け持ち、ボーナス・トラックには古謝美佐子、ネーネーズのプロデューサーとして知られる佐原一哉が編曲・伴奏を付けた「TAKEDA LULLABY」が収録されるという本格的な作品だ。             
 赤い鳥で知られるヒット曲ではなく、地元・竹田に残る本来の歌を、そしてその歌の背景にあるムラの思いを、みんなに聞いてほしい。今回の企画は、そのために2005年の秋から打ち合わせが始まり、録音は年が明けた1月に2回にわけて行なわれた。録音は地元のコミュニティ・センターのホールである。
 収録曲は、「竹田の子守唄(元唄)」「竹田こいこい節」「竹田長持唄」「竹田の子守唄(元唄)the original tape」、ボーナス・トラックとして「TAKEDA LULLABY」という構成だ。前2曲は、有名なヒット曲のルーツである地元の子守唄。長持唄は、かつて結婚式に歌われたものだが、歌詞には今風の内容が付け加えてあるところがミソだ。
 4曲の「オリジナル・テープ」とは、これまでごく限られた人しか耳にしたことがなかった古老が歌う貴重な「元唄」である。録音の状態は良くないが、実に味わい深いボーカルだ。
 ラストの「タケダ・ララバイ」は、主人公である部落解放同盟改進支部女性部のボーカルと、佐原一哉のコラボレーション。切なくも懐かしい元唄が、これほどまで現代風に美しく輝きを増すのは、驚きである。

 CD『竹田の子守唄 ふるさとからのうたごえ』は、まず最初に、2月11日(土・祝)の、毎年恒例となった「ふしみ人権の集い」(京都市伏見区)で発売される。
 なお、Beats21ではこれまでも「竹田の子守唄」の文化的な背景を紹介してきたが、今回のCD化についても順次、記事をアップしてゆく予定だ。

( 2006/01/27 )

テックス・メックスの巨星、スティーブ・ジョーダンさん、逝く
本日の「第2回 コザ・てるりん祭」、雨天でも決行!
ママ・アフリカ、ミリアム・マケバさんが亡くなる
アイザック・ヘイズさん、65歳で亡くなる
炎天下の「海の日、サンゴの日」、無事終了!
「第2回船浮音祭り」は各地から400名を集めて大成功
不朽の名ベーシスト、カチャーオ・ロペスさんが亡くなる
「奄美の応援団」が発足:NHK紅白歌合戦に奄美の歌を出そう
今、全米で一番に知られているシンガーって誰よ…Kristen or Ashley Alexandra Dupre
live「島唄情け唄〜知名定男・大城美佐子 二人唄会」
竹田の子守唄
講演「竹田の子守唄 名曲に隠された真実」---藤田正@高野山
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(4)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(2)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(3)
11月14日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(6) by 藤田正
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(1) by 藤田正
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
松本哲也というシンガーの、凄絶な半生
「竹田の子守唄」無料講演会:藤田正in富山
古謝美佐子、「竹田の子守唄」と出会う
今年も大好評!、が:上々颱風を迎えての第12回「ふしみ人権の集い」
Beats21 Memorabilia2001:from Best10 to Best1
12月4日、12月5日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「竹田の子守唄」、故郷へ帰る/京都で画期的なイベント開催
10月15日、10月16日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
[非戦音楽人会議] NEWS23、元ちとせの「死んだ女の子」を聴きながら
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
藤田正ライブ:2003年12月の講演スケジュール
表紙へ戻る