ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
Respect rec.
<1999年2月>
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」という奇妙な名前を持つバンドがある。ボーカルの中 川 敬なかがわたかしが中心となり、沖縄の三線や朝鮮のチャンゴ、チンドン屋の鐘や太鼓がバックをつけるという編成だ。
 そして彼らのセカンド・アルバム『レヴェラーズ・チンドン』(写真)には、次のようなコピーが付いている。
「…ヤマト・コリア・ウチナー・アイヌの民謡、革命歌、労働歌、壮士演歌等々、全十六曲のもののけ解放盆唄集…」。一曲目には「インターナショナル」、二曲目には壮士演歌の「ハイカラソング」、メドレーとなる三曲目の最初には「水平歌(解放歌)」が登場する。四曲目は「アリラン」だ。
 モノノケ・サミットは、ソウル・フラワー・ユニオンというグループの分派で、ユニオンの方はメジャーからアルバムを出し、モノノケの方は独立系からアルバムを出している。モノノケの結成は阪神淡路大震災における支援活動がきっかけとなっている。
 ぼくは今、解放運動をやっている方々の助けを借りて、日本や世界の「解放歌〜大衆歌」にどのようなものがあるかを調べているところだが、もちろん「水平歌(解放歌)」もその範疇に入っている。しかしこの歌を、運動に関わる当事者以外が歌う姿をこれまでぼくは聞いたことがない。ぼくの知るかぎり唯一の例外が、このモノノケなのである。いわば、不特定多数の観客を相手にするプロが取り上げない歴史的作品の一つが「水平歌(解放歌)」だが、彼らはこれを自分らの持ち歌としているというわけだ。
 モノノケ・サミットは先ほども触れたようにチンドン屋のリズム隊に、沖縄、朝鮮、そしてギター、クラリネット(この楽器もチンドン系だが)など洋楽器が混在する編成である。
 今の二十代以下の人たちがどう思うかはわからないが、ぼくのような四十代には、まずこのチンドン・サウンドが懐かしい。中川のヴォーカルは塩辛く、時に喧嘩を吹きかけてくるような荒々しさで歌いかける。彼の周りには女性のお囃子がいて、「はいや、いやさっさ!」と元気な掛け声を入れる。彼女たちはたとえて言えば、お祭りで体から湯気を上げる男たちに、いっそう燃え上がらせるための水かけ役といってもいいだろう。もちろんこの掛け声は、沖縄の「エイサー」から借りたものだ。
 モノノケ・サミットは、こういう懐かしさと男くささと祭りの高揚感をない混ぜにした一団と言えるのである。そして、彼らのイメージをさらに強調するのがレパートリーであることは言うまでもない。例えば彼らのデビュー・アルバム『アジール・チンドン』の一曲目は「復興節」だった。この曲は関東大震災の直後に作られた作品を中川が改作し、メジャーでは発売禁止になったシロモノである。阪神の復興を願った元気歌なのだが、こういう歌(…東京の永田にゃ金がある/神戸の長田にゃ唄がある…)ですら、社内かレコ倫の規制でひっかかるというのは、いったいどういうことなのか。同アルバムの最後には「竹田の子守唄」も入っている。これも昔のフォーク・ブーム(七十年代初頭)以来、いわゆる放送禁止歌として耳にすることが極端に少なくなった作品である
 たしかに、取り上げた作品を見ていると左翼志向が強いとも指摘できるが、ぼくが思うに、モノノケ・サミットとは日本における歌の復権を目指している一団のはずである。大衆が好んで歌っていたものが、なぜ消えていくのか。消されていくのか。あるいまたは、歌うことがはばかられるようになるのか。
 モノノケ・サミットの熱は、そういう、日本の歴史に対する怒りの表出であるように、ぼくには思える。

≪Beats21 Online Book≫ 電子書籍 【立ち読みできます】
『セックス・マシーンで踊りたかった 東京音楽通信1』藤田正著
Beats21推薦CD(1)『ソウル・フラワー・モノノケ・サミット/レヴェラーズ・チンドン』
Beats21推薦CD(2)『ソウル・フラワー・モノノケ・サミット/アジール・チンドン』
 

( 2003/04/18 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
新発売 電子書籍『セックス・マシーンで踊りたかった 東京音楽通信1』藤田正著
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
仲村奈月(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
話題の新作を発表したソウル・フラワー・ユニオン
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
あまりに高度な音楽性に圧倒される:初来日のモザイク
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(1)
震災10年〜神戸長田神社で魂鎮めのお祭り!
5000人の日比谷野音でモノノケ・サミットが熱演
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
大成功に終わったモノノケ@「ふしみ人権の集い」
ようやく「竹田の子守唄」が、今
決定しましたよ:上々颱風が「ふしみ人権の集い」に登場
東京プレイベント「わったーしまは わったーがまもる」
「北朝鮮でも、あまたの唄が自由をめざしている」
アイルランド音楽のスーパー・グループ、MOZAIKが来日
「いま、音楽人に何ができるのか」
辺野古での反基地フェスティバル:週刊金曜日でレポートします
震災10年---長田神社で「つづら折りの宴」
2月8日、「竹田の子守唄」の故郷にソウル・フラワー・MSが登場
魂は踊る---名作『デラシネ・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット』に寄せて(プロデューサーズ・ノート)
表紙へ戻る