竹田の子守唄、北九州と東京へ初めての旅
 Beats21でも一部すでにお伝えしたが、「竹田の子守唄(元唄)」を歌い継ぐ女性たち(部落解放同盟改進支部女性部)が、この11月、初めての「ツアー」に出る。
 北九州と東京で行われる二つのライブ、どちらもほぼ手作りだ。
 今もある厳しい差別を乗り越えて、ムラの文化、その誇りを伝えるために、彼女たちは仕事も家庭も置いてやってくる。
 高齢者も多いために、おそらく最初で最後になるのではないかと思われるスペシャル・イベントに関して、同女性部と共に活動を続ける外川正明さんからメッセージをもらった。
 ちなみに北九州で共演する願児我楽夢(がんじがらめ)とは、地元を中心に広範囲な活動をするユニークなフォーク・グループ。東京のコンサートの主体である古謝美佐子&佐原一哉両氏に関してはBeats21でも何度も取り上げているので、各記事も併せて読んでいただきたい。
(藤田正)
 
 各地の仲間の皆さん、部落解放同盟改進支部女性部が、ついに北九州と東京へ「竹田の子守唄(元唄)」を歌いに出かけることになりました。ここまで、たくさんの人たちに支えられてやってきたおかけだと思います。ぜひ、知人、友人に声をかけていただいて、お越し下さるとうれしいです。
 
人権を考える北九州市民のつどい
 まず、北九州では、願児我楽夢の皆さんとのジョイント・コンサートに参加させていただきます。この企画は、北九州市同研の中島さんや、願児我楽夢の宮崎さんのご尽力で実現することができました。夜は、地元の女性部の方たちとの交流も予定されており、女性部のメンバーも、「今度は修学旅行やな」と楽しみにしています。

◎「人権を考える北九州市民のつどい−竹田の子守唄ジョイントコンサート−」
日時:2006年11月3日(土)受付13時30分 開演14時 終演16時
場所:北九州市立男女共同参画センター・ムーブ2階ホール
・新幹線・日豊本線・鹿児島本線のJR小倉駅より、バス停(九州厚生年金会館)まで約15分100円/JR西小倉駅からは、徒歩15分
・車で<都市高速>をご利用の場合は、勝山ランプ、大手町ランプ
・タクシーご利用の場合は、JR小倉駅より約9分670円
出演:部落解放同盟改進支部女性部、願児我楽夢、
    北九州市立城野小学校太鼓クラブ、藤田正
参加費:1000円
問い合わせ先:北九州人権フォーラム21 事務局 090-2587-7822(中島さん)  
 
 そして、翌週は東京で開催される古謝美佐子さんのコンサートにゲストとして招いてくださることになりました。プロの歌手のコンサートに出演するという驚きとともに、昨年2月の「ふしみ人権の集い」での感動を思い出し、日帰りという強行日程ですが、「古謝さんと佐原さんへの恩返し」と行けるメンバーだけでも駆けつけることになりました。

◎「古謝美佐子唄会スペシャル−沖縄と竹田、河内の伝えウタ」
日時:2006年11月12日(日)開場16時30分 開演17時
場所:東京・新橋ヤクルトホール
・JR新橋駅徒歩5分、地下鉄都営浅草線新橋駅徒歩1分、銀座線新橋駅徒歩3分
出演:古謝美佐子(唄・三線)、佐原一哉(プロデュース・キーボード・ギター)
ゲスト:部落解放同盟改進支部女性部、初代 桜川唯丸(江州音頭、「黒い雨」オリジネーター)
前売り:4500円(チケットピアなどで)
問い合わせ先:サンパチロク 0120-870-838
 
CD『竹田の子守唄
ふるさとからのうたごえ』
 そして、加えてのお願いです。
 本年2月、改進支部女性部は『竹田の子守唄 ふるさとからのうたごえ』(定価1500円)というCDアルバムを藤田正さん、佐原一哉さん、そして亀渕友香さんの全面的なご協力を得て自費制作しました。
 おかげさまで、初回プレス800枚は、1ヶ月足らずで完売、2回プレス800枚も、いま現在で80枚足らずを残すのみとなりました。たった8ヶ月で1500枚以上も購入していただき本当に感謝しています。
 いま、この時期だからこそ、より多くの人に、この唄と、改進支部の女性たちの思いを届けたいという気持ちです。皆さんのご協力とご連絡をお待ちしています。
 よろしくお願いします。
(外川正明/文書編集・藤田正)

*CD『竹田の子守唄 ふるさとからのうたごえ』は、現在、サード・プレスを製作中です。Beats21〜リムショットを通じたご注文に関しては、CDが到着する11月上旬からの発送になります。

( 2006/10/18 )

好評発売中! 『ブルースの百年』 by 藤田正&中村政利
2015年2月6日 発売! 「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」
ウィリー・ナガサキ CD『MIDNIGHT RUMBA』発売記念スペシャル・ライブ!
第4回「コザ・てるりん祭」の内容、決定!
スペシャル・ラテン・ナイト! ウィリー・ナガサキ&コンボ・インぺリアル
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
ウィリー・ナガサキ「サンタナ・ナイト」in 博多
ウィリー・ナガサキ&コンボ・インペリアル:vol.4 は4月18日
第3回コザ・てるりん祭、4月4日に開催:
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
竹田の子守唄
講演「竹田の子守唄 名曲に隠された真実」---藤田正@高野山
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(4)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(2)
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(3)
11月14日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(6) by 藤田正
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(1) by 藤田正
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
松本哲也というシンガーの、凄絶な半生
「竹田の子守唄」無料講演会:藤田正in富山
古謝美佐子、「竹田の子守唄」と出会う
今年も大好評!、が:上々颱風を迎えての第12回「ふしみ人権の集い」
Beats21 Memorabilia2001:from Best10 to Best1
12月4日、12月5日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「竹田の子守唄」、故郷へ帰る/京都で画期的なイベント開催
10月15日、10月16日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
[非戦音楽人会議] NEWS23、元ちとせの「死んだ女の子」を聴きながら
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
藤田正ライブ:2003年12月の講演スケジュール
11月3日、11月4日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
決定しましたよ:上々颱風が「ふしみ人権の集い」に登場
「はっぴいえんど」ほかの名作が消える?--東芝がURCの発売を停止
ソウル・フラワー・モノノケ・サミットLive@鶯谷 in 2006
ザ・フォーク・クルセダーズ『イムジン河』
「いま、音楽人に何ができるのか」
11月24日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
魂は踊る---名作『デラシネ・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット』に寄せて(プロデューサーズ・ノート)
無料セミナー by 藤田正:自分のことばで、メッセージソングをつくろう!
「日本の歌百選」のいかがわしさ?「あの歌」がないのはなぜ?
『メッセージ・ソング 「イマジン」から「君が代」まで』
写真特集:夏祭りのソウル・フラワー・モノノケ・サミット@神戸・長田
大人が楽しめる音楽を…Aprilを結成した山本潤子
毎日放送が「竹田の子守唄」のドキュメンタリーを放送
ようやく「竹田の子守唄」が、今
著者からのメッセージ
CD『竹田の子守唄 ふるさとからのうたごえ』とは…
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(4) by 藤田正
部落のおかあさんたちの「修学旅行」:Photo Live「竹田の子守唄」
毎日新聞に「竹田の子守唄」の最新連載が登場!
ついに録音が終了!「竹田の子守唄」のふるさとからの熱唱
子守唄の風土記…「竹田の子守唄」
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(最終回) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(3) by 藤田正
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(2) by 藤田正
子守唄の本質を探った労作『子守唄よ、甦れ』が完成!
古謝美佐子meets「竹田の子守唄」&江州音頭!
2月8日、「竹田の子守唄」の故郷にソウル・フラワー・MSが登場
「竹田の子守唄」の故郷で:15回目を迎えた「ふしみ人権の集い」
大成功に終わったモノノケ@「ふしみ人権の集い」
表紙へ戻る