待望のCD全集:『赤い鳥 コンプリート・コレクション 1969-1974』発売
アルファミュージック/ソニー
 かつてのフォーク・ブームの中で、幅広いレパートリーと洗練されたハーモニーで一時代を築いた「赤い鳥」のコンプリートが2月に発売される。
 赤い鳥は60年代の末に兵庫県で結成されたグループで、それ以前、リーダーの後藤悦治郎は英語のカバー曲を得意としたグループで活動していた。このような洋楽的、しかも都会的なセンスが赤い鳥の下敷きにあったからこそ、「竹田の子守唄」や「翼をください」などの不朽の名作が生まれたと言ってもいいだろう。
 美しいボーカルを聞かせる2人の女性、これにからむ男性3人。アコースティック・サウンドを基調とした赤い鳥は、70年代初頭に大人気を獲得したのち、その後の日本を代表するドラマー、村上“ポンタ”秀一らを擁するフォーク・ロック・バンドへと発展する。赤い鳥の活動は70年代前半で終わってしまうが、彼らが歩んだ道は、その後の日本のポップ・ミュージックの指針ともなったのだった。
 今回の全集には、赤い鳥の原点である「竹田の子守唄」が、インディーズ時代からもふくめた8バージョンすべてが収録されているのも画期的であり、歌と表現の自由、そして人権についても考えさせられる貴重な作品となった。
 2003年2月19日  遂に発売決定!!
 ハイ・ファイ・セットと紙ふうせんを生んだ伝説のソフト・ロック・コーラスグループ

『赤い鳥 コンプリート・コレクション 1969-1974』(ソニー MHCL215-226)

「竹田の子守唄」「翼をください」ほか全161曲収録のCD12枚組BOXセット
 アルバム『FLY WITH THE RED BIRDS』『RED BIRDS』『WHAT A BEAUTIFUL WORLD』『竹田の子守唄』『スタジオ・ライブ』『パーティー』『美しい星』『祈り』『ミリオン・ピープル(2枚組)』『書簡集』の11枚と、アルバム未収録のシングル+未発表+コンテスト(ライト・ミュージック・コンテスト、世界歌謡祭)、TV(NHK「みんなのうた」)、CM(コカコーラ、日産、旭化成ほか)音源など29曲収録のレア・トラックス1枚の合計12枚。

解説 土龍団、藤田正  メンバーインタビュー付

定価 \15,750(税込)    
*プレス・シート(ソニー・ミュージックハウス GT music)から*
 
Amazon.co.jp−CD『赤い鳥 コンプリート・コレクション』
GT music-CD『赤い鳥 コンプリート・コレクション』
http://www.egstreet.com/music/gtmusic/akaitori.shtml

( 2003/01/23 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
赤い鳥
講演「竹田の子守唄 名曲に隠された真実」---藤田正@高野山
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(4)
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(1) by 藤田正
ウィリー・ナガサキ、燃えてます!:<Live vol.3>は3月6日
小沢昭一/童謡は日本の自然の宝庫
Beats21 Memorabilia2001:from Best10 to Best1
「竹田の子守唄」、故郷へ帰る/京都で画期的なイベント開催
毎日放送が「竹田の子守唄」のドキュメンタリーを放送
ついに録音が終了!「竹田の子守唄」のふるさとからの熱唱
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(1)
実力派コーラス・グループ、April、6月にデビュー 
ソウル・フラワー・モノノケ・サミットLive@鶯谷 in 2006
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(5) by 藤田正
大人が楽しめる音楽を…Aprilを結成した山本潤子
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(2) by 藤田正
「はっぴいえんど」ほかの名作が消える?--東芝がURCの発売を停止
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(最終回) by 藤田正
ようやく「竹田の子守唄」が、今
「竹田の子守唄」というメッセージ・ソング(4) by 藤田正
表紙へ戻る