「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
Fania/V2
 ファニア・レコードの経営トップであり、ミュージシャンとしても同社の総監督だったジョニー・パチェーコの2枚組ベスト盤が出た。
 パチェーコはドミニカ共和国(メレンゲの島)の出身だが(1935年〜)、キューバ音楽に造詣が深く、60年代初めのパチャンガのブームの時期から人気ミュージシャンとして活躍していた。今回のベスト盤は、そのバンマスとしてのスタート地点から、80年代までの二十数年の録音をまとめている。
 チャランガ、つまりリズム・セクションに複数のバイオリンとキューバン・フルートが入った編成の時代が、リーダー/フルート奏者としてのパチェーコの始まりだった。キューバのオルケスタ・アラゴーンらの影響下にあった時代から、彼はファニアの創立期にソノーラ編成(管がトランペット、そしてリズム隊)に切り替え、ニューヨークという北の大都会で(南洋の)正調アフロ・キューバンを踏襲する男としての名声を確立する。
Fania/V2
 これがサルサという、ルネッサンスの土台となったことは言うまでもない。
 無駄のないキリリと洗練されたリズム。モンギート・エル・ウニコ、ピート・エル・コンデ・ロドリーゲス、セリア・クルースといった素晴らしいシンガーたちを自在に歌わせるリーダーとしての能力。
 そして、その音楽はすべて、徹底して「ダンス・ミュージック」であった。
 さらりと耳に聞こえて、カップルの踊りを高揚させるため「だけ」にある音楽。それがパチェーコ・ミュージックの真髄であり、それは(今となっては)あまり知られていない古いディスク1の録音に、よく表わされている。
 ディスク2は「ワワンコー・パル・ケ・サベ」というサルサの気品を象徴する名録音ほか、むしょうに楽しい歌が目白押し。
 オリジナルのライナーにこんな逸話が載っていた。ファニア・オールスターズを引きつれて、初めて訪れたアフリカでのこと、「ザイールでは、僕がフルートを吹いている彫像が立てられていて泣いたよ」…あの伝説のツアーに、こんなことがあったとは知らなかった。カルロス菅野の談話にも教えられることが多い。
(文・藤田正)


amazon-『ジョニー・パチェーコ/ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』(2枚組)

( 2007/03/30 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
マンボラマTokyo
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄(Flyer)
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
ニューヨーク・ラテンの幻の名盤が初CD化
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
メキシコ学勉強会:メキシコ音楽とテキーラの探求
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
ふざけたライナー書くなよ:ヘクター・ラヴォーって誰のことだ?
マンボラマTokyo通信:フアネス来日/『エル・カンタンテ』
Beats21だけの全曲解説『モア・ザン・マンボ/ジ・イントロダクション・トゥ・アフロ・キューバン・ジャズ』
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
百人町音樂夜噺vol.18:岡本郁生vs藤田正
写真で見る:ファニア・レコードのスターたち(60's〜80's)
フアネス in Tokyo:けっこういいコンサートでしたよ
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
「マンボラマToyko」推薦CD:『シエンブラ』ライナーpt.2
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・クーバ『バン・バン・プッシュ・プッシュ・プッシュ』
電子書籍:岡本郁生著『もう一つのアメリカン・ミュージック』が完成!
レオン・イチャソ監督に注目!…『エル・カンタンテ』『クロスオーバー・ドリーム』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
金沢名物「ジャングル・ナイト」にマンボラマTokyoが特別参加
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄6
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄2
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄1
「マンボラマ No.2」決定!:カルロス菅野 play Cal Tjader
NEWS from マンボラマTokyo:J.Loの新譜情報ほか
表紙へ戻る