10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
Tuff Beats
 大城美佐子は、かつては嘉手苅林昌とのデュエットで知られた女性。絹のような声の持ち主、オンナ・カディカル、などとと言われて、それだけ彼女のボーカルが素晴らしいということなのだ。
 本アルバムは、本土のレコーディング・ビジネスの真っ只中にいた売れっ子のエンジニア、上原キコウが故郷の糸満へ帰り、初めて手がけた本格的な島唄録音だ(昨年のソウル・フラワー・モノノケ・サミットの沖縄録音も上原)。
 このレコーディングに関しては企画の段階から上原に話を聞かされていたこともあって、その出来具合を期待していたが、本当にいい作品に仕上げた。なかなかスタジオに入ろうとしない大ベテランの大城を口説いたというのも大変だっただろうし、また、完成に至るまで何度も何度も録音をやり直したことをぼくは知っている。
 先日の辺野古で開かれた「Peace Music Festa! 辺野古’07」に美佐子さんが出演して(24日かのトリ)、その時に上原とも話をしたが、もうやめよう、と思ったことが何度かあったそうだ。それほどに熱意がある、妥協できない、ということなのだろう。ウチナーンチュとして彼は島唄の録音にもの凄く異論があり、それをオレが変えたいと力説している彼だが、果たして美佐子さんの『唄ウムイ』は成功だったと言えるだろう。
 三線、琴、そしてボーカル…これらの音の質が、とにかく素敵。
 一聴、とっても地味な内容だが、夜が更けて聴くこの一枚は、ちょっとたまらない切なさだ。
 共演に知名定男(琉琴も)、名護良一ほか。彼らも、いいノドを披露している。
 そしてこんなに渋いアルバムが、沖縄ではヒット・チャートに顔を出しているというのも、ウチナーはいいねー。
(文・藤田正)

amazon-『唄ウムイ/大城美佐子
amazon-『デラシネ・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット

( 2007/03/06 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
大城美佐子
第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
大城美佐子(おおしろ・みさこ)[沖縄」
琉球フェスティバル'07
第4回「コザ・てるりん祭」の内容、決定!
東京プレイベント「わったーしまは わったーがまもる」
「琉球フェスティバル'07」チケット予約受付は終了しました
7月17日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、初めての全国ツアー開始
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
live「島唄情け唄〜知名定男・大城美佐子 二人唄会」
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
沖縄大衆歌謡の大家、嘉手苅林昌の追悼公演に、名手・名人が結集
表紙へ戻る