Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
 
 彩風(ayakaji)は、ボーカルの仲田かおりと、サウンド担当の島尻哲明によるユニットで、仲田の涼やかな声と穏やかなサウンドが何よりの特色だ。
『彩花』は彼らのセカンド・アルバム。タイトル(ayapana)の発音が示すとおり、二人の出身である八重山(石垣島)をそのイメージのベースにしているようだ。
 沖縄のヒーリング・ポップは、女性であれば元ディアマンテスの千秋(現・しゃかり)を筆頭にして十数年前から大きな潮流となり、今では沖縄音楽の中心をなすと言えるまでになった。彩風もその流れの中にあるユニットだが、仲田のきりりと締まった高い声質が他と一線を画しているところがいい。今回の『彩花』(2010年6月発売)は、「命花」「花(すべての人の心に花を)」など「花」を題名に使った新作、定番曲を集めた企画もので、仲田〜彩風の特色が際立った作品に仕上がっている。 
 6月5日、その仲田に会った。彼女は彩風プロジェクトが立ち上がる前までは、(歌は大好きだったそうだが)プロらしい活動はしておらず、その好きな歌にしてもドリカムだったりと、伝統的な歌謡とはさほど深い縁はなかったと語っていた。そう、ごく一般的な今の沖縄の女性である(…ずっと島唄をやってきましたという人の方が特異なのだ)。
 だがいったん八重山〜沖縄を意識し、あるいはテーマにした歌をうたい出すと、ボーカルのモードが変わったのだそうだ。彼女自身、その変化は不思議だと言っていたが、メジャー・デビューというきっかけを得て「もう一人の、島の娘としての自分」が開花したのだろう。素敵なことだ。
 佐原一哉らしいセンスが光る「命花」を1曲目に、「沖縄に花」という太平洋戦を遠くに見ているような哀歌をふくめ、静かに時は流れる。新良幸人パーシャクラブの名歌の一つ「赤ゆらの花」(宮良長包の同名作品とは別)の、あえて低い声でうたう仲田の姿勢も成功している。
(文・藤田正)
 
新良幸人と仲田かおり(Beats21.com)

amazon-『彩花』

( 2010/06/17 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
彩風
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
沖縄
沖縄・平安隆 meets アコギスト・吉川忠英
中川敬&山口洋(JAPONESIAN BALLS FOUNDATION)
沖縄音楽の巨星、照屋林助さん亡くなる
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
仲村奈月(沖縄)
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
臼太鼓(うしでーく)[沖縄]
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
6月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
手水の縁(てみぢぬゐん)[沖縄]
表紙へ戻る