カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
『風月花日鳥曜日』
 池田卓の新作の題名は「ふうげつ はなひ とりようび」と読ませる。
 沖縄の自然といっしょに生活している自覚があってこそのぼくの歌、ということなのだろう。といっても、いわゆる「自然回帰」「自然礼賛」という言葉でイメージされるアルバムではなく、これまでの池田路線の上にある都会の住人としての体験や視線から歌は作られている。都市(那覇あたりだろうか)にいるからこそ、自分がカントリー・ボーイであることをはっきりと知る。そこに故郷の「あの月」も「この花」も眼前に見ることができる。たとえば、
「サメに目をつけられたグルクンよ」(春の花にキスをしよう)
「モンパの陰に隠れた浜風」(いつものように)
「クイラ川を走るさざ波も、いつの日か」(船浮のあの海で…)
 穏やかなメロディの中からあらわれる、このような言葉が面白い。オキナワといっても彼のシマは西表島の、さらに西端の船浮だ。那覇生まれの那覇育ちに、こんな歌(詞)は作れない。三線をまじえたアコースティック・サウンドとカントリー・ボーイとしての都市生活、それが池田卓であり、本作はそれが際立つ作品であると言っていいだろう。
「しまそだち」「船浮のあの海で…」ほか、この大不況の中、内地で必死に生きているウチナーンチュをテーマにしているとさえ言える切なさたっぷりの歌がいい。
「砂浜を這って行くウミガメよ、ガンバレ!」(春の花にキスをしよう)
(文・藤田正)
 
やまねこ音楽事務所
池田卓オフィシャル・サイト http://www.suguru-i.jp/top.html

( 2009/01/22 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
池田卓
琉球フェスティバル'07
SAVE THE CORAL 2009:3月のイベントは好評のうちに終了
島唄最大のヒット・メイカーが「琉球フェスティバル '05」に登場!
新作『三味連りてぃ』を完成させた、よなは徹
「Save The Coral 2008」記者会見用プレス・シート
表紙へ戻る