マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
Llave de Mi Corazon
 メレンゲとサミー・ソーサと悲劇の日本人移民の島、ドミニカ共和国から、フアン・ルイス・グエラの新作が届いた。
 グエラは、バチャータというメランコリックなダンス歌謡で人気を得て、今や同島を代表する歌手となった人物だ。
 レーベルを移籍しての久しぶりの新作は、ドミニカの、というよりもスパニッシュ・カリビアン全体を彼の手腕で優しく丸め包み込んだようなスウィートな内容となった。
 1曲目「ぼくの心の治療薬 Medicine for My Soul」は、ラップを使ったイングリッシュ・サルサ&メレンゲ(with スペイン語)で、なかなかにキャッチーなダンス・ナンバーだ。
 おそらくEMI移籍をきっかけに、さらにジャンルを超えてヒットさせようという仲間達の企画なのだと思うが、こういった企画でよくみかける「この歌が、この人なの?!」というドル札ぷんぷんのアザトさがまるでなく、グエラはこういう歌も書けて歌えるんだという彼の柔軟性が強く印象として残るのだ(内容は、アメリカのド田舎、ルイジアナに住んでるオヤジがインターネットで知り合ったドミニカの美人にどっぷり惚れたんだけど、生活環境が違いすぎて=この描写が笑える=いったい私はどうしたらいいのでしょう? とカウンセラーに電話でたずねる、というコメディもの)。
 そして2曲目「道のり Travesia」。典型的なアップ・テンポのメレンゲだが、君のような人を探して世界を巡る……でも、君のような人はいない、というテーマとしては当たり前の歌だけど、このリズム・アレンジの洗練、メロディ&ボーカルの滑らかさを聞いていると、うっとりとしてくる。日本の新幹線に乗っても、中国にもシベリアに行っても(君のような人はいない)というジョークにしても、彼の穏やかなボーカルにぴったりと合って、フアン・ルイス・グエラってかっこいいなー、と思うアルバムなのだ。
 サルサ、バチャータ、メレンゲという曲のバランスと配置も良く、例えばトラック6、緩やかなメレンゲの「君がぼくと踊らないならSi Tu No Baila Conmigo」の言葉の美しさ、リズム構成の「何気なさ」に触れるとき、あなたはJLG&440という素晴らしきプロ集団の術中にはまってしまっているのだ。
(文・藤田正)

Juan Luis Guerra 440(インタビュー画像、歌詞ほか)
Clip of "La Llave De Mi Corazon"
amazon-『La Llave De Mi Corazon』

( 2007/08/21 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
マンボラマTokyo
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄(Flyer)
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
ニューヨーク・ラテンの幻の名盤が初CD化
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
メキシコ学勉強会:メキシコ音楽とテキーラの探求
フアン・ルイス・グエラ
米・同時多発テロ/3枚の義援CD、緊急制作に入る
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
表紙へ戻る