「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
Riot!
 ロウ・ライダー・ミュージックの雄、サルソウルの旗手、ラップの元祖、ブーガルーのヒット・メイカーと、時代によって様々な顔を持つジョー・バターンの再評価が始まっている。
 2月には、60年代サルサ&ブーガルーのビッグ・ヒットとなった『ライオット!』(写真、68年)がCDとして日本盤となり、続いて『セント・ラテンズ・デイ・マサカー』(72年)がリイシューされる。
 このほか最近の新録やDVDも日本でリリースされるなど、これはカルト的な人気を持つバターンが再浮上する兆しなのだろうか。
『ライオット!』は、60年代の新興ファニアを一気に注目のレコード会社に引き揚げた大ヒット作。その題名、そのヤバげな「暴動!写真」が当時は大きな問題となったアルバムだが、スパニッシュ・ハーレムのヤクザ者から人気ミュージシャンへ転身した人物だけに(?)、あの地域に充満するストリート・ミュージックもろもろが絶妙にブレンドされてアルバムに詰め込まれている。元気一杯のサルサ&ブーガルー、ドゥワップ・コーラス、ラテン風味のソウル・バラード…と、売れに売れたとがよくわかる作品だ。
「ワット・グッド・イズ・ア・キャッスル」「マイ・クラウド」「オーディナリー・ガイ」などの代表曲も収録。
『セント・ラテンズ・デイ・マサカー』は、サルサ路線を突っ走り始めたファニアにあって、ほぼ一人、独自の「ラテンwithソウル」の道を貫いていた時期(72年)の作品。『ライオット!』の流れにあるアルバムだが、エディ・パルミエリウィリー・コローンのフォロワー的な臭いもだいぶ消えて、確立されたバターン・サウンドを楽しむことができる。
...Massacre
 今もライブでやってる「アイ・ウィッシュ・ユー・ラブ」「イフ・アイ・ワー・キング」ほかを収録する作品だが……なんといっても目を引くのがタイトルにある「大虐殺」のジャケット(噴水の写真)。よーやるわ、って感じ。映画『シャフト』『スーパーフライ』と時代感覚がリンクする危ないストリート系のイメージです(その「シャフトのテーマ」もカバーしていて、これがまた捨てがたい!)。
The Message
 そしてバターンはこのアルバムのあと、サルサ+ソウル、すなわち「サルソウル」という言葉を生み出し、70年代ディスコ・ブームのスターの一人となってゆく。
 アルバム『ザ・メッセージ』は、2006年に日本でリリースされた「オレは、まだ頑張ってる!」というファンには吉報のニュー・アルバム(つい先日、さらに新作が出たというニュースあり)。最近は西海岸のロウ・ライダー系、チカーノ系の諸君に高く評価されているバターンだが、それを意識しての内容になっている。
...San Francisco
 同じくライブDVD『ライヴ・イン・サンフランシスコ』も同時期に発売されている。これはやはり西海岸の、それも日系の若者たちが頑張って制作した作品のようだが、いかにもローカル・ショウという風情が「泣けてくる」とファンには絶賛された作品。大ヒット「ジプシー・ウーマン」ほか往年の作品がずらと並び、バンドが何だかヨレッてるのもバターンならではの「味」。
(文・藤田正)
*この2007年の春以降、バターンほか、60年代のブーガルー系のアルバムがV2/コロムビアから次々に発売される予定だ。

amazon-CD『ライオット!』
amazon-CD『セント・ラテンズ・デイ・マサカー』(2007年4月18日発売)
amazon-CD『ザ・メッセージ』
amazon-DVD『ライヴ・イン・サンフランシスコ』

( 2007/03/09 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
マンボラマTokyo
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄(Flyer)
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
ニューヨーク・ラテンの幻の名盤が初CD化
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
メキシコ学勉強会:メキシコ音楽とテキーラの探求
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
ふざけたライナー書くなよ:ヘクター・ラヴォーって誰のことだ?
マンボラマTokyo通信:フアネス来日/『エル・カンタンテ』
Beats21だけの全曲解説『モア・ザン・マンボ/ジ・イントロダクション・トゥ・アフロ・キューバン・ジャズ』
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
百人町音樂夜噺vol.18:岡本郁生vs藤田正
写真で見る:ファニア・レコードのスターたち(60's〜80's)
フアネス in Tokyo:けっこういいコンサートでしたよ
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
「マンボラマToyko」推薦CD:『シエンブラ』ライナーpt.2
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・クーバ『バン・バン・プッシュ・プッシュ・プッシュ』
電子書籍:岡本郁生著『もう一つのアメリカン・ミュージック』が完成!
レオン・イチャソ監督に注目!…『エル・カンタンテ』『クロスオーバー・ドリーム』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
金沢名物「ジャングル・ナイト」にマンボラマTokyoが特別参加
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄6
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄2
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄1
「マンボラマ No.2」決定!:カルロス菅野 play Cal Tjader
NEWS from マンボラマTokyo:J.Loの新譜情報ほか
表紙へ戻る