琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
amazon-CD『家族時間』
 ディアマンテスアルベルト城間がキッズ・ソングに新境地を拓いている。
 沖縄最大のキッズ・ヒットといっていいかも知れない「琉神マブヤー〜魂の戦士」を歌ったのが彼(作曲とプロデュースがパーシャの上地正昭)。ディアマンテスの顔として、またソロ・アーティストとして20年も沖縄-日本で活躍するアルベルトだが、ここにきて子ども向けの歌を立て続けに発表している。
 最新作は「おにぎりパパ」(曲の提供)。この歌は、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が監修し、杉浦太陽、勝俣州和、バカボンのパパ、的場浩司、ボビー・オロゴン…といった人たちがボーカルを披露する『家族時間』(同シリーズの3枚目)に収録されている。
琉神マブヤー」のヒットのあと、2月から3月にかけてはNHK「みんなのうた」で「忍者ネギ蔵」でそのダイナミックなボーカルを聞かせたばかりのアルベルト。このあとに続くのが「おにぎりパパ」だが、依頼を受けてたったの3日間で作ったのだという。
「田村亮さんが監修して、パパたちが主人公で、<We are the world>のようにみんなが歌い合える」
 企画の説明はこの程度だった。悩みに悩んで、プレゼンの当日、家族の用事で出かけた千葉行きの車内でもメロディを歌詞をブツブツとひねり出していたのだそうだ。
「隣りの席に座ってる娘たちも、いったい何をしてるの?という感じだったみたい。オニギリ、オニギリとか、ずっと歌ってるわけだし。でもそれも<家族の時間>でしょ。お父さんが電車の中でも、唸りながら仕事をしているのを観ている。子どもたちに<オニギリマンがいい? 題名はパパのオニギリがいいか>なんて相談しながらね。結果として仕上がったCDを家に持ってきたときの、子どもたちの目が輝きってなかった」
「<おにぎりパパ>には一つの物語があって、それは3年前かな、長女のモニカが中一の時のことだった。ぼくは妻と大阪へ行く用事があって朝早くに電車に乗る必要があったんです。そしたら長女がぼくらのためにオニギリを作ってくれていた。
 これって親として、たまらないでしょ。
 モニカはお弁当を毎日作る人なんだけど、ぼくに向かって<こんどはパパのオニギリが食べたい>なんて言うんです。この気持ち、嬉しいよ」
 かくして「おにぎりパパ」が完成したのだという。
「親の気持ち、子どもの気持ち、いっぱい入っている歌だと思います。ぼくがディアマンテスで作ってきた歌はみんなストーリーがあるんだけど、これもそうです。ただ楽しいという歌じゃない。ぼくの作品として一番かもしれない」

 取材中、そばに一人の若者がいた。アルベルトの故郷であるペルーから来たばかりという福崎エリックである。19歳。アルベルトの後輩で、アルベルトと同じく日本でプロ・シンガーを目指している。
「もの凄いうまいよ、彼は。ペルーの日系の人たちは、日本の音楽をいつも情熱を持って聞いて歌っているから、日本にいる人たちと受け止め方が違うんだよ。だからその中で鍛えられて歌手になろうとした人間って、気持ちも基礎も全然違うんだ。ぼくもここまで来るまで大変だったけど、彼だったらきっと乗り越えられる」
 ペルーで独学したという日本語が丁寧で綺麗だった。そこに彼の(いい意味での)野心が見えた。
(取材・藤田正)

amazon-CD『家族時間』
amazon-CD『MUCHO ACHICO-CO-/Diamantes』(「逢いたくて」収録の6曲入り/2009年)
amazon-CD『琉神 マブヤー』

( 2010/05/02 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
ディアマンテス
「琉球フェスティバル '06」
おかげさまで大成功:第2回 コザ・てるりん祭
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
「第2回 コザ・てるりん祭」の概要決まる
決定!「ディアマンテス 結成20周年記念・特別限定ライブ」:チケット販売
こんな音楽を聴いて欲しい! 連載5
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
沖縄特集I ウチナー音楽2000〜2001
ディアマンテスのレア・グルーヴィン…アルベルト城間
沖縄特集II アルベルト城間(DIAMANTES)インタビュー
表紙へ戻る