ディアマンテスのレア・グルーヴィン…アルベルト城間
M&I
 ケ・ウムサンヤ〜。「いやぁ面白いなー!」という意味である。スペイン語とウチナー口と組み合わせて、いかにもディアマンテスらしい。
 ディアマンテスにとって『ケ・ウムサンヤ』は通算10枚目のアルバムである。CDの表紙に戦後直後のコザの写真が使われていて、中味は1曲目が「Hey! ニーセーター」、2曲目が「十九の春」、3曲目が「オキナワ・ディスコナイト」と続いてゆく。どれも沖縄で作られた歌のカバーをしているのだが、それが自分たちディアマンテスの背景を説明しているのだとベト君は言う。
「ベト」というのは、アルベルト城間の愛称である。ペルーに生まれたウチナーンチュが単身、飛行機で日本へやってきた。その時の不安や差別体験をもとにしてベトが書いた歌がディアマンテスの出世作「ガンバッテヤンド」だった。ガンバッテヤンドも、頑張って、いくぞ、という日本語とスペイン語の造語である
 それから10余年が経って、ディアマンテスは沖縄ポップの中心に位置するバンドになったが、彼らにとって画期となる今回のアルバムを、アルベルトは新作書きおろしの作品にしたくなかったと言う。
 コザをベースにして、島唄から米兵相手のロック、ディスコに至るまで、自分たちの血と肉となった音楽に敬意を払いたい。それも、かしこまってではなく、ケ・ウムサンヤ〜。
 だから沖縄の演歌歌手、翔ゆたかの伝説の名唱「オキナワ・ディスコナイト」、60年代のウチナー・コーラス「Hey! ニーセーター」(ホップトーンズ)、佐渡山豊のフォーク「ドゥーチュイムニィ」など、ジャンルにまるでこだわらない「最高のローカル・ミュージック」(アルベルト城間)をカバーした。晩年の嘉手苅林昌のボーカルとペルーの名曲をミックスさせた「カイサレー〜タマリト」もユニークだ。
ディアマンテスだけじゃなくて、ぼくら沖縄で音楽をやっている人間は、もっと自分の足元を見つめないといけないよ。沖縄音楽、今はヤマトの人も注目してるけど、このままだと相手にされなくなる、きっと。あと2、3年後は、どうなってるんだろう。だってみんな(取り組み方が)テキトーだから。なるほど面白い! と思ってもらえるような音楽を作るにはと、ちゃんと考えないと。ぼくらの『ケ・ウムサンヤ』はそういうつもりで作ったんですよ」

amazon.com-『ケ・ウムサンヤ』
ディアマンテス・ツアー:
6月11日・名護市ミュージックカフェ城/同12日・北谷町美浜THIRD FLOOR/8月1日・渋谷クアトロ/9月26日・日比谷野外音楽堂(琉球フェスティバル'04)
 

( 2004/05/22 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
ディアマンテス
「琉球フェスティバル '06」
おかげさまで大成功:第2回 コザ・てるりん祭
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
「第2回 コザ・てるりん祭」の概要決まる
決定!「ディアマンテス 結成20周年記念・特別限定ライブ」:チケット販売
こんな音楽を聴いて欲しい! 連載5
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
沖縄特集I ウチナー音楽2000〜2001
ディアマンテスのレア・グルーヴィン…アルベルト城間
沖縄特集II アルベルト城間(DIAMANTES)インタビュー
Introducing...エリック福崎を紹介する
4月1日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
20年目を迎えた沖縄の「ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル」
「琉球フェスティバル '05」
新良幸人の参加、決まる「第2回 コザ・てるりん祭」
4月2日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
島唄最大のヒット・メイカーが「琉球フェスティバル '05」に登場!
「Save The Coral 2008」記者会見用プレス・シート
10月12日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
夜が明けて太陽の上がるまで…「琉球フェスティバル2001」開催
表紙へ戻る