20年目を迎えた沖縄の「ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル」
Peaceful Love Rock Fes.実行委
 沖縄のロックを語る上で欠かすことのできないイベント「ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル」が、83年にその原型がスタートして以来、今年で20年目を迎える。
 2002年7月6日と7日の2日間、沖縄市野外ステージで行なわれるフェスティバルには、200万枚という驚異的なセールスに到達しようとしているモンゴル800(写真)やHYも初日に登場する。
 このイベントは、「」のリユニオンのために企画されたものだった。第1回目は、サブタイトルに「Why Now」と銘打ち、83年8月21日、恩納村・沖縄グランドパーク特設会場で開かれ、コザ(現・沖縄市)を中心に一大勢力を誇った「オキナワン・ロック」の低迷にカツを入れるためのものだったという。
 現在は、出演するバンドの傾向も広がり、またオーディションによって選ばれたバンドがステージに登るなど、沖縄系ロックの登竜門としての地位も確立している。
 20回目の主な出演者は、以下のとおり。
 6日:零戦、オレンジレンジ、ザ・フッカーズ、地獄車、BLEACH、HY、スカイメイツ、モンゴル800ほか
 7日:ワルツ、Kween、ジェット、かっちゃんバンド、ディアマンテスほか
*問い合わせ:Peaceful Love Rock Fes.実行委(098-930-1184)
 
関連サイト:

( 2002/07/04 )

好評発売中! 『ブルースの百年』 by 藤田正&中村政利
2015年2月6日 発売! 「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」
ウィリー・ナガサキ CD『MIDNIGHT RUMBA』発売記念スペシャル・ライブ!
第4回「コザ・てるりん祭」の内容、決定!
スペシャル・ラテン・ナイト! ウィリー・ナガサキ&コンボ・インぺリアル
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
ウィリー・ナガサキ「サンタナ・ナイト」in 博多
ウィリー・ナガサキ&コンボ・インペリアル:vol.4 は4月18日
第3回コザ・てるりん祭、4月4日に開催:
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル
沖縄県ロック協会[沖縄]
Peaceful Love Rock Festival(ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル)[沖縄]
20年目を迎えた沖縄の「ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル」
表紙へ戻る