6月6日は、コザへ集結!:第1回 コザ・てるりん祭
写真=大城弘明
 沖縄ポップの祖、故・照屋林助の業績を称える「コザ・てるりん祭」が始まる。
 今年はその1回目。「てるりん」ゆかりの大御所、仲間、後輩たちがコザ(沖縄市)の街に顔を揃える(今年は照屋林助生誕80周年、嘉手苅林昌没後10周年特別イベントでもある)。
 6月6日(土)。夕方からのメイン・ステージ=沖縄市中央のパルミラ通りの路上。
 入場無料(ただしボランティアイ・ベントのため、祝い金、カンパを受け付ける)。 
 イベントの詳細は、順次、Beats21.comで発表する。
  
第1回 コザ・てるりん祭
 2008年6月6日(土)、昼過ぎから、沖縄市中央・パルミラ通り一帯で。
メイン・ステージの出演者:登川誠仁知名定男、仲本興次(マーニンネーランバンド)、前川守賢新良幸人、玉栄政昭、よなは徹久場政行&園田エイサー臣下、園田青年会&子供会(エイサー)、越来シーサーキッズ(獅子舞)、照屋林賢ほか。
 同・一番街のオープンスペース「マルゴ」では、照屋林助ゆかりの写真、特殊三線、ビンテージ・レコードなどの展示会が開かれる。
 *会場は混雑が予想されるので、高齢者と障がい者の優先を基本とします。

制作プロデューサー:照屋林次郎(Art Koza〜照屋林助三線店)
          藤田正(SAVE THE CORAL〜Beats21.com)

同事務局(沖縄市中央 1-17-21 ART KOZA、 電話 098-929-0871)
コザの中心地、呉屋十字路からすぐ。パルミラ通り内。FMコザの真向かい)

( 2009/04/06 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
照屋林助
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
沖縄音楽の巨星、照屋林助さん亡くなる
現代の名工がてがけた三線:照屋林次郎による名品を販売
特集 STOP THE WAR!・沖縄からの声(3)----照屋林助(よろず漫芸家)氏、城武端バイロン(ミュージシャン)氏
照屋林賢
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
沖縄音楽の巨星、照屋林助さん亡くなる
第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
沖縄音楽の最高峰、5月に新作を発表/登川誠仁『SPIRITUAL UNITY』
「サンゴ少年3人展」in「海の日、サンゴの日」
表紙へ戻る