ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
 1993年に結成された、関西を拠点とする硬派のロック・バンド。
 メンバーは、中川敬(ボーカル、ギター、三線)、伊丹英子(ギター、ブズーキ、チンドン太鼓)、奥野真哉(キーボード)、河村博司(ベース)。中川敬を中心に、大衆のための音楽づくりを追及する。
 パンク系のバンド、メスカリン・ドライブとニューエスト・モデルが合体して活動を始める。
 93年11月の『カムイ・イピリマ』がデビュー・アルバム(キューン・ソニー)。94年、セカンド『ワタツミ・ヤマツミ』。96年、サード『エレクトロ・アジール・バップ』。99年、『ウィンズ・フェアグラウンド』。同年、ライブ・アルバム『ハイ・タイド・アンド・ムーンライト・バッシュ』(このアルバム以降、インディのリスペクトへ録音)。2001年、『スクリューボール・コメディScrewball Comedy』。
 95年に起きた阪神淡路大震災をきっかけに、中川と伊丹はチンドン・ロック・バンド「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」を結成、さまざまなボランティア活動も続けている。モノノケ・サミットの2枚のアルバムは、日本の大衆歌の傑作を現代に紹介した名作として名高い。(JUNE2001)

( 2001/06/10 )

仲村奈月(沖縄)
鈴木あみ(日本)
饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
大島保克(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
大濱安伴(おおはま・あんぱん)[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
ウォルター・アファナシエフ(ポップ)
糸満ヤカラーズ[沖縄]
モンゴル800(沖縄)
吉屋鶴(ゆしや・ちるー)[沖縄]
ジョージ・マーティン(ロック)
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
りんけんバンド[沖縄]
城間ひろみ(しろま・ひろみ)[沖縄]
国吉源次(くによし・げんじ)[沖縄]
佐渡山豊(さどやま・ゆたか)[沖縄]
ソウル・フラワー・ユニオン
中川敬&山口洋(JAPONESIAN BALLS FOUNDATION)
沖縄・平安隆 meets アコギスト・吉川忠英
話題の新作を発表したソウル・フラワー・ユニオン
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
中川敬(Soul Flower Union)
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
沖縄音楽の最高峰、5月に新作を発表/登川誠仁『SPIRITUAL UNITY』
あまりに高度な音楽性に圧倒される:初来日のモザイク
沖縄音楽の最高峰・登川誠仁『Spiritual Unity』
世にも奇妙なな日本歌謡アルバム:桃梨の『MMNS歌謡祭』
シカラムータのワンマン・ライブ「春の花咲き乱れNIGHT2007」
登川誠仁、一度っきりの東京公演が決定
シカラムータのビビットな3枚目『Ghost Circus』
10月22日、10月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
登川誠仁&知名定男・超満員の二人会
俺にとっての「非戦音楽人会議」by 中川敬
「Kill The Poor」は発売禁止にすべきか? ---読者からの声(2)
ライブ・レポート さすが登川誠仁、沖縄音楽の最高峰
11月21日、11月22日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
私たちは辺野古の「基地を止める」:平良夏芽牧師による名演説が『魂花時報』に
表紙へ戻る