POP AFRICA アフリカの今にノル?!
ポップアフリカ実行委員会
 
POP AFRICA アフリカの今にノル?!
普段着のディープなアフリカ
その美学・音楽・力学・知恵の深みにハマる2日間

開催日:2008年11月15日(土)、11月16日(日)
    9:30-18:00(開場9:00)
場 所:国士舘大学世田谷キャンパス梅ヶ丘校舎34号館3階 
参加費:各日のみ有効 1500円、2日間通し 2000円
主 催:ポップアフリカ実行委員会 
    ホームページ:http://popafrica.homiez.net
    問い合わせ先: popafrica@yahoo.co.jp
**
第1日 アフリカと日本のポップな関係
   [開会挨拶]
    9時30分〜9時45分 会場B303教室
    実行委員長 岡崎彰(一橋大)「この企画の主旨について」

 機‘本のアフリカ的世界
   [個人研究発表]
    9時45分〜11時25分 会場B303教室
    菅野 淑(名古屋大)「在日セネガル人による舞踊音楽活動」
    川田薫(エイズ予防財団)「六本木のアフリカ出身者のスト
    リートの仕事」
    高村美也子(名古屋大)「名古屋でサバイバルするアフリカ
    人」
    松本尚之(東洋大)「歌舞伎町でヤムイモの収穫を祝う:在
    日アフリカ人の同郷団体と祭り」
    司会 和崎春日(名古屋大)

 供 ̄朸するアフリカ的美学
   [個人研究発表]
    11時35分〜12時50分 会場B303教室
    岩崎明子(一橋大)「移動し魅惑するシェタニ:マコンデ、
    ティンガティンガとアフリカン・ポップアートの魔術」
    海野るみ(お茶の水女子大)「アンビリーバーボーな美の創
    造:誰がコイサンのお尻を美しいと言ったのか?」
    太田雅子(京都大)「セネガル写真小史:『芸術』写真のな
    りたちを中心に」

 昼食[12時50分〜13時50分]/会場移動[B303→B301]

   [パネルディスカッション]
    13時50分〜15時20分 会場B301教室
    (供岷朸するアフリカ的美学」の続き)
    テーマ「『アフリカ・リミックス』再訪:ポップアートと
    (しての)アフリカ的モダニティという謎々」
    川口幸也(民博)、吉田憲司(民博)、佐々木重洋(名古屋
    大)司会 岡崎彰(一橋大)

 掘‘本のアフリカ系音楽
   [個人研究発表]
    15時30分〜16時20分 会場B301教室
    鈴木慎一郎(信州大)「レゲエmeets核の記憶@焼津港」
    松平勇二(名古屋大)「日本人を魅了するンビラの魔力:ロ
    ワンビラの目指す音楽」
    [日本のアフリカ系ミュージシャンによるトーク+パナフ
    リック・コンサート]16時30分〜18時30分 会場B301教室
    武田ヒロユキ(西アフリカ・ジェンベ)
    ハヤシエリカ(南部アフリカ・ンビラ)
    アニャンゴ・向山恵理子(東アフリカ・ニャティティ)
    司会 鈴木裕之(国士舘大)

 懇親会:19時00分〜21時30分(DJ:African Deep Pop Crew+Live
     Performance)
**
第2日 アフリカのポップカルチャー

 機’笋/ごまかす―起業家としてのアーティスト― 
   [個人研究発表]
    9時30分〜11時10分 会場B301教室
    井上真悠子(京都大)「東アフリカにおける『みやげ物絵
    画』の展開:“出張”する画家と画家を呼ぶ客引き」
    中村香子(京都大)「サンブルのビーズ装飾:観光化・グ
    ローバル化の文脈」
    小川さやか(京都大)「現代版『ウサギのかしこい商売』:
    タンザニア都市零細商人たちの騙しの技法とユーモア」
    川瀬慈(日本学術振興会)「エチオピア音楽芸能の都市的展
    開:女性アズマリ、ドゥドゥイエによるポルノグラフィッ
    ク・パフォーマンスを事例に」
    司会 近藤英俊(関西外国語大)

 供―犬/ふるまう―ニューメディアと自己表現― 
   [個人研究発表]
    11時20分〜12時35分 会場B301教室
    清水貴夫(名古屋大)「ワガドゥグのクールなラスタ:手工
    芸品に込められる『アフリカ』」矢野原佑史(京都大)
    「(リアル)を演じるエンターテイナー:カメルーン首都ヤウ
    ンデにおいてヒップホップを実践するアングロフォン」
    大門碧(京都大)「口パクする若者たち:ウガンダの首都カ
    ンパラの『カリオキ・ショー』」
    司会 松田素二(京都大)

 昼食[12時35分〜14時00分]

 掘,泙佑/混ぜる―ブリコラージュとしてのアート―
    14時00分〜15時40分 会場B301教室
   [個人研究発表]
    中村博一(文教大)「ハウサ音楽の現在:ホームビデオとヒット
    曲」
    金子穂積(音楽ジャーナリスト)「アフリカのヒップホップ」
    阿毛香絵(慶応大)「ダカールにおける若者文化とイスラー
    ム神秘主義:都市における文化・宗教とアイデンティティー」
    品川大輔(名古屋大)「シェン(BantuG40E)の文法的混質性
    に関する記述言語的スケッチ」
    司会 小田亮(成城大)

 検〔イ擦/妬む―商品、誘惑、フェティッシュ―
    15時50分〜17時05分 会場B301教室
   [個人研究発表]
    慶田勝彦(熊本大)「ポップアート化する祖霊:ケニア海岸地
    方の祖霊木彫Vigangoの盗難をめぐって」
    石井美保(一橋大)「ヒンドゥー神としてのマーメイド:ガー
    ナにおけるマーミ・ワタの図像と信仰をめぐる謎」
    須田征志(名古屋大)「呪物としてのヒョウタン」
    司会 佐々木重洋(名古屋大)

 后.櫂奪アフリカのディープな残響
    17時15分〜18時 会場B301教室
   [総合ディスカッション]
    会場全体+発表者+司会者+特別コメンテーター(ウスビ・サ
    コ・長島信弘・阿部年晴(予定))
    司会 近藤英俊(関西外国語大)
   [閉会挨拶]総合司会 鈴木裕之(国士舘大)
**
    映画・写真セッション
    11月15日・16日随時 会場B304教室(休憩室兼用)
    川瀬慈(日本学術振興会)"Osho Martial Arts Club in
    Gondar", "Dancing Addis Ababa", その他
    古川優貴(一橋大)"rhythm:YouTube、手話、ケニアの聾学校"
    岡崎彰(一橋大)「アフリカ系特選ようつべ映像集」
   (詳しくは会場にある「Pop Africa AV Program」のチラシを
    ご参照ください。)

( 2008/11/10 )

好評発売中! 『ブルースの百年』 by 藤田正&中村政利
2015年2月6日 発売! 「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」
ウィリー・ナガサキ CD『MIDNIGHT RUMBA』発売記念スペシャル・ライブ!
第4回「コザ・てるりん祭」の内容、決定!
スペシャル・ラテン・ナイト! ウィリー・ナガサキ&コンボ・インぺリアル
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
ウィリー・ナガサキ「サンタナ・ナイト」in 博多
ウィリー・ナガサキ&コンボ・インペリアル:vol.4 は4月18日
第3回コザ・てるりん祭、4月4日に開催:
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
アフリカ
傑作登場! リトル・ルイ・ベガの初ソロ『Elements Of Life』
坂本龍一『ELEPHANTISM』
「裸足のディーバ」の最新盤! セザリア・エボラ『遥かなるサン・ヴィセンテ』
プリPuri(韓国の打楽器4人組)
新しいレベル・ミュージック---OKIのアイヌ・ポップ
正念場を迎えたホイットニー・ヒューストン
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
ママ・アフリカ、ミリアム・マケバさんが亡くなる
ラップへの規制強化、ラッセル・シモンズが米上院で反論
『もののけ姫』と喜納昌吉
大物は大変--マイケル・ジャクソンがまた契約不履行で訴えられる
歌と、世界の子どもたちを考える
大工哲弘(だいく・てつひろ)[沖縄]
ロサンゼルスからチカーノ系クリエイターたちが来日!
ボノ(U2)が、死者を出したジェノバ・サミットを批判
天(ちら)の部・正面
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
Soca Power in Trinidad &Tobago(ソカ・パワー・イン・トリニダード)
Jane's Addiction---12年ぶりの新作/スーダンの奴隷救済活動
「魑魅魍魎が跋扈するニューオーリンズという都市の音楽」
表紙へ戻る