ルイ・アームストロング(ジャズ)
Louis Armstrong

 1901/08/04〜1971/07/06。本名、ルイ・ダニエル・アームストロングLouis Daniel Armstrong。ジャズという20世紀を代表する音楽表現を確立した最重要人物の一人。トランペット/コルネット奏者、シンガー。
 ニューオーリンズの極貧家庭に生まれる。小さな頃から音楽は得意だったが、彼をジャズ・ミュージシャンへと変えたのは矯正施設での生活だった。1912年の大晦日にルイは景気づけに街路で銃を撃ち、そのために施設送りとなった。そして出所する14年には、彼は少年とは思えないほどのコルネット奏者に成長していた。
 キング・オリバー、キッド・オーリーらのバンドで活躍したのち、22年にシカゴへ向かい再びキング・オリバーのバンドに加わる。翌23年に同バンドのメンバーとして初録音。自分自身のバンドとしての初レコーディングは25年11月12日である。この時代の、彼のホット・ファイブ、ホット・セブンの演奏はジャズ・クラシックとして今も語り継がれる。
 26年のホット・ファイブ「Muskrat Ramble」はトップ・テン・ヒットとなり、続いて27年の「Big Butter and Egg Man」、28年の「Hotter Than That」とヒット曲を生み出した。「Muskrat Ramble」は彼がメイ・エイリックスとデュエットした初めてのボーカル・レコーディング。28年9月にはルイの代表的1曲となる「West End Blues」も録音されている。
 30年代に入って、ルイの人気はより高まり、黒人市場のためのレーベル、オーケーから、その上部の白人系レーベルであるコロンビアへ移籍している(32年)。「Chinatown, My Chinatown」「All of Me」などがその当時のヒットである。
 35年にルイはデッカと契約するが、「When the Saints Go Marching」 (39年)などコンスタントにヒットが続いた。
 卓越した演奏能力に加え、多角的な魅力を持っていたのがルイ・アームストロングだった。「スキャット」というユニークな唱法を広め、ダミ声のボーカル・スタイルがトランペット以上に世界に知られた。がま口(サチュル・マウス)のような口に付けられたアダ名が「サッチモSatchmo」。白いハンカチにトランペット。汗を吹きながら、ステージや映画でニコニコと笑う姿は、黒人としてあまりにも卑屈でありジャズの精神とはかけ離れていると批判を受けたこともあったが、リスナーからは幅広い支持を受け続けた。
 第2次世界大戦が終わったあと、彼は押しも押されぬブラック・スターとして活躍し、アメリカの親善大使的な役割も担うようにもなった。
 64年、ブロードウェイ・ミュージカルの「Hello, Dolly!」がチャート1位となり、同曲でグラミー賞ベスト・ボーカリスト部門を受賞。
 68年、は「What A Wonderful World」がイギリスや日本で大ヒットした。
 71年、心臓病が原因でニューヨークで亡くなった。
(July,2001)

( 2001/07/31 )

仲村奈月(沖縄)
鈴木あみ(日本)
饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
大島保克(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
大濱安伴(おおはま・あんぱん)[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
ウォルター・アファナシエフ(ポップ)
糸満ヤカラーズ[沖縄]
モンゴル800(沖縄)
吉屋鶴(ゆしや・ちるー)[沖縄]
ジョージ・マーティン(ロック)
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
りんけんバンド[沖縄]
城間ひろみ(しろま・ひろみ)[沖縄]
国吉源次(くによし・げんじ)[沖縄]
佐渡山豊(さどやま・ゆたか)[沖縄]
ルイ・アームストロング
講演「竹田の子守唄 名曲に隠された真実」---藤田正@高野山
総額475万ドルで和解か---米・音楽業界初めての集団訴訟が解決へ
ニューオーリンズの少年
ニューオーリンズ最大のカーニバル、Mardi Gras!
10年ぶりの再会:ニューヨーク・ラテン&ジャズの奇才、ジェリー・ゴンサーレス
ジャズ・グレイト、ライオネル・ハンプトンさんが大往生
ルイ・アームストロング(ジャズ)
ルイ・アームストロング生誕100年を祝う大イベント開催
ルイ・アームストロング
サッチモ生誕100周年を記念する好リイシュー発売
ルイ・アームストロングの生誕101年祭、N.O.で盛大に
表紙へ戻る