沖縄音楽の巨星、照屋林助さん亡くなる
CD『平成ワタブーショー 1』
 戦後の沖縄音楽において多大な足跡を遺したミュージシャン、よろず漫談家の照屋林助さんが、2005年3月10日早朝、具志川市の沖縄県立中部病院で亡くなった。75歳だった。
 林助さんはここ数年、以前からの糖尿病が悪化し闘病生活を送っていた。
 1999年に79歳で亡くなった嘉手苅林昌さんに続いて、戦後沖縄文化における真のクリエイターがまたこの世を去った。              
 照屋林助さんは1929年4月、大阪生まれ。琉球古典を父である照屋林山に、お笑い芸、大衆芸能を小那覇舞天に学んだ。
 1957年、歌と笑いの「ワタブーショー」を立ち上げ爆発的な人気を呼ぶ。ワタブーショーはラジオ番組ともなり離島でもくり返し放送されたため、沖縄でデブ(わたぶー)の林助の名を知らぬ人はいないほどの存在となった。この活動の中から生み出されたラテン風味のポップ・サウンドは、現在のオキナワン・ポップの原型となった。
 お笑い、島唄、王朝の古典芸能、島言葉など沖縄文化の大家としても知られ、その異能は多方面にわたり、ゆえにナゾの人物と恐れられることすらあった。
 沖縄ブームの中心的存在、りんけんバンドのリーダーである照屋林賢は長男。このほか、コザ(沖縄市)を中心とした若い芸能者がこぞって師事し沖縄の文化の真髄を学んだことなど、晩年まで特筆すべき活動を続けた。
(写真は『沖縄漫談 平成ワタブーショー 1』)

amazon.co.jp-CD『沖縄漫談 平成ワタブーショー 1』
amazon.co.jp-書籍『てるりん自伝』
amazon.co.jp-書籍『沖縄の神さまから贈られた言葉』

( 2005/03/10 )

テックス・メックスの巨星、スティーブ・ジョーダンさん、逝く
本日の「第2回 コザ・てるりん祭」、雨天でも決行!
ママ・アフリカ、ミリアム・マケバさんが亡くなる
アイザック・ヘイズさん、65歳で亡くなる
炎天下の「海の日、サンゴの日」、無事終了!
「第2回船浮音祭り」は各地から400名を集めて大成功
不朽の名ベーシスト、カチャーオ・ロペスさんが亡くなる
「奄美の応援団」が発足:NHK紅白歌合戦に奄美の歌を出そう
今、全米で一番に知られているシンガーって誰よ…Kristen or Ashley Alexandra Dupre
live「島唄情け唄〜知名定男・大城美佐子 二人唄会」
照屋林助
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
沖縄音楽の巨星、照屋林助さん亡くなる
現代の名工がてがけた三線:照屋林次郎による名品を販売
特集 STOP THE WAR!・沖縄からの声(3)----照屋林助(よろず漫芸家)氏、城武端バイロン(ミュージシャン)氏
3月31日〜4月3日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
4月11日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
11月14日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
8月16日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「第2回 コザ・てるりん祭」の概要決まる
表紙へ戻る