アンドリュー・ロイド・ウェバー
Beats21
Lord Andrew Lloyd Webber   

「キャッツ」「エビータ」「オペラ座の怪人」などのミュージカルで知られる国際的な作曲家。1948年3月22日、イギリスに生まれる。
 音楽に関して小さな頃からずば抜けた才能を発揮していた彼は、17歳の時(65年)に当時21歳だった作詞家、ティム・ライスと知り合い、本格的にプロの作曲家としての道を歩み始めた。二人は69年に、ロック世代の新しいミュージカルとして世界的な話題となった「ジーザス・クライスト・スーパースター」を完成させ、76年には「エビータ」を世に出しその評価は不動のものとなった。
 ウェバーはその後、「キャッツ」(81年)、「スターライト・エクスプレス」(84年)、「オペラ座の怪人」(86年)と大ヒットを生み続け、92年には勲爵士の称号を、97年には一代貴族の爵位を授かった。ちなみに彼の代表的一作「オペラ座の怪人」は、世界で8000万人の人が観た最大の動員数を誇るミュージカルと言われている。
 受賞経験としては、トニー賞7回、グラミー賞3回、オリビエ賞6回…と数え切れない。
 2005年1月には、彼が製作した映画『オペラ座の怪人』(完全版)が日本で公開される(写真は2004年10月に来日した際の舞台挨拶でのショット)。

amazon.co.jp-CD『The Andrew Lloyd Webber Collection / Sarah Brightman』
amazon.co.jp-ガストン・ルルー著『オペラ座の怪人』
 
 

( 2004/10/21 )

仲村奈月(沖縄)
鈴木あみ(日本)
饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
大島保克(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
大濱安伴(おおはま・あんぱん)[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
ウォルター・アファナシエフ(ポップ)
糸満ヤカラーズ[沖縄]
モンゴル800(沖縄)
吉屋鶴(ゆしや・ちるー)[沖縄]
ジョージ・マーティン(ロック)
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
りんけんバンド[沖縄]
城間ひろみ(しろま・ひろみ)[沖縄]
国吉源次(くによし・げんじ)[沖縄]
佐渡山豊(さどやま・ゆたか)[沖縄]
アンドリュー・ロイド・ウェバー
アンドリュー・ロイド・ウェバー
「歌は語る 人を語る/ゲバラ・怪人・ハンセン病」
お祭り騒ぎのブッシュ次期大統領就任ライブ/リッキー・マーティンの作者は怒る
表紙へ戻る