喜納昌永(きな・しょうえい)[沖縄]
 戦後の民謡ブームで人気を誇った歌手。「通い船(かゆいぶに)」のデビュー・ヒットを大きなきっかけとしてラジオ、ライブと引っ張りだことなったが、不運なことに本土復帰後、しばらくして美声で知られたそのノドに腫瘍ができ引退を余儀なくされた。1988年、見事カムバック。民謡クラブの原型を作った一人とされる。喜納昌吉の父。20年、本島・北中城村(きたなかぐすくそん)の生まれ。
 
 

( 2001/05/12 )

仲村奈月(沖縄)
鈴木あみ(日本)
饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
大島保克(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
大濱安伴(おおはま・あんぱん)[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
ウォルター・アファナシエフ(ポップ)
糸満ヤカラーズ[沖縄]
モンゴル800(沖縄)
吉屋鶴(ゆしや・ちるー)[沖縄]
ジョージ・マーティン(ロック)
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
りんけんバンド[沖縄]
城間ひろみ(しろま・ひろみ)[沖縄]
国吉源次(くによし・げんじ)[沖縄]
佐渡山豊(さどやま・ゆたか)[沖縄]
喜納昌永
饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
喜納昌永(きな・しょうえい)[沖縄]
沖縄ポップの43曲入りオマケCD/雑誌『Hands』2月号の特別付録で
登川誠仁
マルフク・レコード(丸福レコード)[沖縄]
琉球民謡協会[沖縄]
喜納昌吉(きな・しょうきち)[沖縄]
夜が明けて太陽の上がるまで…「琉球フェスティバル2001」開催
玉城安定(沖縄)
表紙へ戻る