仲村奈月(沖縄)
Beats21
 沖縄島唄の若手の中で、将来が最も期待される一人。
 1981年10月19日、大阪市大正区の生まれ。
 小さい頃から沖縄舞踊や島唄を学ぶ。
 2000年、沖縄に居を移し、登川誠仁(登川流)の門下生となる。
 2004年、琉球民謡協会最高賞を受賞。
 このような伝統派としての活動と並行して、ポップ・フィールドでの活動も盛んだ。
 2005年からはソウル・フラワー・モノノケ・サミットのメンバーに。
 このほか、URU、RYUKYU DISKO、DUTY FREE SHOPP.、RYUKYU UNDER GROUNDなどダンス〜テクノ系のボーカリストとしても活動する。
 2005年に出演したライブ:FUJI ROKC FES、みやこ音楽祭。
 2006年、同じく登川流の期待の星、仲宗根創とコンビを組み「仲村奈月×仲宗根創」としても活動を始めた。
(写真は、モノノケ・サミットの伊丹英子=左と、神戸・長田で)

amazon-『デラシネ・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット』(仲村奈月参加作品)

( 2006/09/07 )

饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
鈴木あみ(日本)
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
大島保克(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
仲村奈月(沖縄)
糸満ヤカラーズ[沖縄]
知名定男(沖縄)
モンゴル800(沖縄)
シャカゾンビ(日本)
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
大城美佐子(おおしろ・みさこ)[沖縄」
前川朝昭(まえかわ・ちょうしょう)[沖縄]
ネーネーズ[沖縄]
幸地亀千代(こうち・かめちよ)[沖縄]
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
普久原朝喜(ふくはら・ちょうき)[沖縄]
ジョージ・マーティン(ロック)
仲村奈月
仲村奈月(沖縄)
「海の日、サンゴの日〜サンゴの元気は子供たちの未来」実施報告書
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、初めての全国ツアー開始
スペシャルLIVE!:ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザン
仲宗根創(沖縄)
ソウル・フラワー・モノノケ・サミットLive@鶯谷 in 2006
表紙へ戻る