ジョージ・マーティン(ロック)
George Martin
 1926/01/03、ロンドンに生まれる。ザ・ビートルズの5人目のメンバーとも言われた名プロデューサー。
 Guildhall School of Musicでクラシックを学び、1950年にEMIのA&Rマンに雇われる。55年頃には、EMI参加のパーロフォンでジャズからスキッフル・バンドなどあらゆるジャンルのプロデュースを手がける存在に。当時の彼は、特にピーター・セラーズなどのコメディ作品のプロデューサーとして認められていた。
 62年、ビートルズとの付き合いが始まる。デビュー曲「ラブ・ミー・ドゥ」をスタートとして、歴史的なアルバム『サージェント・ペッパーズ・ハーツ・クラブ・バンド』ほか、「もう一人のビートル」として4人を支えた。
 1963年には、1年のうち37週間も彼のプロデュース作品群が1位を獲得するほどヒットの連続。64年には、ビートルズの作品をオーケストラ化した『Off the Beatle Path』を発表する。
 ビートルズとは彼らのラスト・アルバムとなる『アビー・ロード』まで関係が続いた。
 その後もリンゴ・スター、ポール・マッカートニーのウィングス、ジェフ・ベックなど、数多くのミュージシャンの作品を手がけてきた。
 96年、「ナイト」の称号を授与される。
 97年、ダイアナ妃を追悼したエルトン・ジョンの「キャンドル・イン・ザ・ウィンド97」が、マーティンにとってはイギリスにおける30曲目のチャート1位作品となった。

( 2001/06/16 )

饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
鈴木あみ(日本)
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
大島保克(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
仲村奈月(沖縄)
糸満ヤカラーズ[沖縄]
知名定男(沖縄)
モンゴル800(沖縄)
シャカゾンビ(日本)
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
大城美佐子(おおしろ・みさこ)[沖縄」
前川朝昭(まえかわ・ちょうしょう)[沖縄]
ネーネーズ[沖縄]
幸地亀千代(こうち・かめちよ)[沖縄]
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
普久原朝喜(ふくはら・ちょうき)[沖縄]
ジョージ・マーティン(ロック)
ジョージ・マーティン
ジョージ・マーティン(ロック)
G・ハリソン、「死を覚悟」の報道を全面否定
ビートルズを育てたジョージ・マーティンのアンソロジーが完成
表紙へ戻る