平敷屋朝敏(へしきや・ちょうびん)[沖縄]
 吉屋鶴(ゆしや・ちるー)の物語「苔の下」でも知られる和文学者。玉城朝薫(たまぐすく・ちょうくん)が創作した組踊を独自に発展させ、恋愛讃美の代表的組踊「手水の縁」を作る。1734年の「平敷屋・友寄事件」により失脚、磔(はりつけ)にされる。「泊阿嘉(とぅまいあか)」ほか明治以降の沖縄芝居に大きな影響を及ぼした一人。1700〜1734。

( 2001/05/28 )

饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
鈴木あみ(日本)
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
大島保克(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
仲村奈月(沖縄)
糸満ヤカラーズ[沖縄]
知名定男(沖縄)
モンゴル800(沖縄)
シャカゾンビ(日本)
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
大城美佐子(おおしろ・みさこ)[沖縄」
前川朝昭(まえかわ・ちょうしょう)[沖縄]
ネーネーズ[沖縄]
幸地亀千代(こうち・かめちよ)[沖縄]
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
普久原朝喜(ふくはら・ちょうき)[沖縄]
ジョージ・マーティン(ロック)
平敷屋朝敏
手水の縁(てみぢぬゐん)[沖縄]
組踊(くみうどぅい)[沖縄]
平敷屋朝敏(へしきや・ちょうびん)[沖縄]
表紙へ戻る