レイ・ブラウン(ジャズ)
Ray Brown
 モダン・ジャズを代表するベーシストの一人。
 1926年、ピッツバーグに生まれる。45年にニューヨークへ出て、ディジ・ガレスピーチャーリー・パーカーなどと交わりバップ期の重要なベーシストの一人となった。
 モダン・ジャズ・カルテットとの録音や、妻であったエラ・フィッツジェラルドの音楽監督、そして日本でも幅広いファンを獲得したオスカー・ピーターソン・トリオでの活躍と、その適格な演奏は多くの人に親しまれた。
 2002年7月2日、公演に出かけていたインディアナポリスで、ゴルフを楽しんだあと、昼寝をしていたホテルの一室で息を引き取った。享年75歳。
[July,2002]

( 2002/07/04 )

仲村奈月(沖縄)
鈴木あみ(日本)
饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
ウォルター・アファナシエフ(ポップ)
大濱安伴(おおはま・あんぱん)[沖縄]
大島保克(沖縄)
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
城間ひろみ(しろま・ひろみ)[沖縄]
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
古謝美佐子(こじゃ・みさこ)[沖縄]
川田松夫(かわだ・まつお)[沖縄]
糸満ヤカラーズ[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
大城美佐子(おおしろ・みさこ)[沖縄」
モンゴル800(沖縄)
ジョージ・マーティン(ロック)
シャカゾンビ(日本)
国吉源次(くによし・げんじ)[沖縄]
吉屋鶴(ゆしや・ちるー)[沖縄]
レイ・ブラウン
レイ・ブラウン(ジャズ)
表紙へ戻る